So-net無料ブログ作成
検索選択

雪にも負けず(笑)

昨日は、[雪]よく降りましたねぇ?

このぶんじゃぁ、本日もお休み。。ってのが、我々屋根職人の

定説な所。。。。ですが???

いつまでも休んでいる訳にはいかない、我が、お洒落な屋根チームは・・・・・

雪の中、決行!。

足場が組まれる前に、下屋根を仕上げた現場です。

足場が組まれて、上屋の瓦降ろしでーす。

IMG_0157.JPG

まだ、雪が・・・・・↓

IMG_0158.JPG

IMG_0159.JPG

IMG_0160.JPG

ここを、果敢に攻めます。。↓

IMG_0161.JPG

IMG_0162.JPG

IMG_0163.JPG

んで、とりあえず、南側の屋根を、合板を上張りしまして、

IMG_0164.JPG

下葺きルーフィング、瓦桟。。

IMG_0165.JPG

IMG_0166.JPG

んで、北側の屋根の雪が融けたころを見計らって、

裏側に入りました。

IMG_0168.JPG

裏側の瓦も、新しい補強下野地の上を歩いて、

この、特設足場ステージより、IMG_0167.JPG

下の、ダンプにGO!

また、日曜日、今度は、[雨]らしい。。

お天気商売の辛い所。。ですね♪(笑)


54年ぶり・・・

[雪][雪][雪]我が地方、な、なんと、11月に[雪][雪][雪]が降るのは・・・

54年ぶりだそうです。

予報通りに・・・朝から[雪][雪][雪]。。。降っちゃいましたぁ!

屋根屋さん、開店休業。。。(笑)↓

IMG_0154.JPG

IMG_0155.JPG

こんな時は、めんどくさい、見積り・請求書書き等の

デスクワーク。。(笑)

そうそう、昨日、写真撮ってきた、こ~んな薬師様の屋根↓

IMG_0153.JPG

是非、裕ちゃんに、復元して欲しい!!

っとのご依頼の物件です。

この味。この雰囲気。。それこそ、54年ぶり何て、言ってられない

昭和初期の物件。。

さて?昭和初期の職人に、対抗して、どう料理するか??

ここが??職人の醍醐味。。

桟瓦は、たたらで盛った、切り落ちを、

ヘラで、面取りにした職人技。。

オーラをビンビン感じます。

これを、度返ししたら、俺の負け。。悩む、悩む。。

本日、雪でお休み中。。考えに考え抜いた結果は・・・・

後日のお楽しみ。。

ヒントは・・・半分は、既存瓦にて葺き替え。。

当時の職人に私のお手手、技量の勝負です。

半分は、新しい100枚判で、復元致します。ってな感じの

構想でどうでしょうか??

ただ、既存横寸法が、6寸5分。。

100枚判じゃ甘いし、80枚判じゃ硬い。。。

悩んで悩んで、いれば、そのうち、答は、

夢に出て来るでしょう。。(笑)ってな感じの、

ノー天気。。(爆)

IMG_0146.JPG

IMG_0147.JPG

IMG_0148.JPG

これから、また後百年。。維持出来る仕事。。

百年後の職人に挑戦状を叩き付けまーす。。(笑)


雨漏り修理

今日は、夕方から[雨]の予報。。

んな訳で、仕事が半端の為。。

雨漏り修理の現場に、参上いたしましたぁ!

今回は、ピンポイント修理。。

事前に、天井裏まで潜って、診断したからこそ

出来る、ピンポイント修理です。

ズバリ!この箇所と診断。。

 問題は、この葺き止め箇所。。

朝から、ガンガン剥がします。↓

IMG_0138.JPG

平瓦も、ついでに、ブラッシングしながら、撤去。。

IMG_0139.JPG

ブラッシング??

はい、長年の土埃りが・・このジョイントに、

積もり積もって、毛細管現象。。IMG_0140.JPG

ここ近年。。

水返しを高くしたので、緩勾配でもOK!などと、

現場を知らない、お間抜けな事抜かす、頭でっかちが、

多いのにも、困ったもんですね♪

〇寸勾配対応な~んて、笑っちゃいます。

水返しが多い分、埃のたまりも多いんだよ~っ!

これは、当社、先代、家の親父が、3寸勾配対応の、

水返しの、高い、桟瓦を、作ってました。

かれこれ、30年前~50年前。。

とりあえずは、雨漏り修理の依頼は、ありませんが、、

メンテナンスに伺うお家での、埃の積もり方が、

多いの、なんのって。。

安易な、水返しの高いだけの、緩勾配瓦には、

ご注意を、、、、

ま、んな訳で、ブラッシング。。。↓

IMG_0141.JPG

んで?何だっけ??

そうだそうだ!直接、雨漏りの原因をば、、、

直接的原因は・・・・・想定通り!!ズバリ!ここ。。↓

IMG_0142.JPG

はい、葺き止め箇所の、ルーフィングが立ち上がっていません!

IMG_0143.JPG

捨て谷箇所も、だらしのない納まり。。

葺き止め箇所のルーフィングは、立ち上げないと

いけませんね♪

そうそう、この立ち上げは、単に、万が一の、雨漏りに、

対応するだけではありません!!

はい、風の流れ、空気の行ったり来たりに対応するものです。

雨の流れではなく、、空気の流れをシャットアウトすることにより、

雨水の進入を許さない。。ってな構造です。

IMG_0144.JPG

この上に、カットした、ルーフィングを、立ち上げ・立ち上げ。。

んで、瓦桟打ちまして、復旧・復旧。。↓

IMG_0145.JPG

一部始終を公開出来れば、教科書になるのですが??(笑)

夕方。。今にも、[雨][雨][雨]が降りそうなので、

[カメラ]撮ってる暇がない。。

よって、この後の、写真がありませーん!!(爆)

とりあえず、[雨][雨][雨]が降って来る前に、終わりましたとさ。。

めでたしめでたし。。。


いただけない。。

私の今日の仕事は・・・・・↓IMG_0124.JPG

↑こ~んな感じの、新築瓦工事。。で~す。

使用瓦は、陶器瓦2山タイプ。モニエース、アンバー色。。

ここ近年、和型が葺ける職人がいない。等

変な屋根工事会社なんかも、存在しますが??(笑)

俺に言わせりゃ、いただけない。。

平板系の屋根なら、誰でも葺ける。。

ま、正直、この手の瓦は、私のような年配には、

ちょーっと、しんどい。。腰が・・・・(笑)

もう、若い者に任せた方が、いいかも??と思う、

今日この頃です。(爆)

ま、ぐずぐず言ってもしょうがないので、

こ~んな感じに施工中。。↓

IMG_0125.JPG

軒瓦取り付けまして、

平葺きも、ビシッと!筋を通します。IMG_0129.JPG

IMG_0130.JPG

泣き言ってても、やめられない理由が・・・・・・

ちらり、お隣さん↓

IMG_0132.JPG

同じ2山タイプです(メーカーは違います)が??

この7寸丸の、半端は、いただけない。。↓

IMG_0133.JPG

更には・・・このケラバ下の、地割りも・・・・↓

IMG_0134.JPG

IMG_0135.JPG

いただけない。。

屋根の割り付け(地割り)が出来てない証拠。。

この位置じゃ、破風板腐るぞ!!

更には、この雪止め金具の配置も・・・↓

IMG_0136.JPG

ん~!これもいただけない。。

こ~んな屋根葺いちゃう奴らがいる限り・・・・

まだまだ、老体にムチ打って、頑張らないといけませんかねぇ?

しかし、腰が痛い。。。(笑)


懐かしの青写真。。

さて、またまた、昨日は、瓦葺き替えに伴う、瓦降ろし。。↓

IMG_0119.JPG

IMG_0120.JPG

IMG_0121.JPG

このお宅、外壁も、張り替える予定ですので、

足場を組むそうです。

この屋根勾配なら、下手な足場は不要な我々は、

ちょっと待ったコール!!

ジャングルジム状態では、事にならないので、

先に、下屋根仕上げさせて頂きます。

っと、言う事で、段取り決定!!

早く、葺いちゃいますので、足場は、その後に。。。

んで、上屋に取り掛かりまーす。。

無駄な動きは、逆に怪我の元。。

いやだよねぇ?・ジャングルジム(笑)

そして本日。。某建築設計事務所の先生から、

打ち合わせに来て下さい。。って、棟梁と共に、

お伺いさせて頂きました。

後日ご紹介しますが、この先生。。こだわりの設計士で、

伝統工法の木組みや、金物を使わない昔ながらの工法に関して

本も出されている方です。

瓦に関しても、とても詳しく、勉強されているようです。

さて図面。。。で打ち合わせ。。。

じゃ~ん!!↓IMG_0122.JPG

(秘密事項に付き、あえて、ピンボケ)(笑)

懐かしの、青焼き図面。。

思い起こせば、かれこれ数年前までは、見積りと言えば、

主流だった、この青写真・青焼き図面。。

そう言えば、ここ近年、見ないなぁ!。

ちょっと、懐かしくなりました。

どうやら、これが最後の青焼き図面になりそうな気配らしい。。

機械もなけば、紙もない・・状況のようです。

打ち合わせ、俺の瓦の、PR(自分流の訴え)も、

聞いていただきまして、

後は、仕上がりを見て下さい。。ってな感じで、

設計事務所を、後にしました。

ここまで、でかいこと抜かしちゃったからには、後には引けない。。

お洒落な屋根って奴がいます。(爆)

んで、午後からは、次の新築現場の、打ち合わせ。。↓

IMG_0123.JPG

こちらは、某会社の事務所です。

垂木が3寸5分。。でかっ!!


土葺き(どぶき)

今日も、例の瓦葺き替え工事現場でーす。

土葺きの屋根。。

ここ近年、土葺きだから崩れた!、古い土葺きの為、ズレた!等

変てこな報道しているこの業界こそが、瓦離れの元。。

そもそも、この土葺き工法。。

長年の我々の諸先輩方が、日本の風土に合わせて、

切磋琢磨して、あみ出した工法。。

これを、いちがいに、NG!とするのは、この業界の恥。。

現に、この屋根。。明治時代の瓦を、終戦後、60数年前に、葺いた瓦です。

今日は、[ビール]一本余計に飲んじゃったので、講釈いたします。

親切丁寧・屋根は軽~くしております。等

もっともらしい、事抜かして、薄っぺらな、新生屋根材を、薦める。。

俺じゃぁ!出来ね~ぜぃ!!

そうそう、仕事の方は↓IMG_0116.JPG

この土葺きの瓦撤去。。

鼻めんどが、真っ黒だぜぃ!!(笑)

IMG_0108.JPG

IMG_0109.JPG

IMG_0110.JPG

この土葺き工法。。

隙間野地(こま返し)に、杉っ皮。。↓

IMG_0112.JPG

IMG_0113.JPG

IMG_0115.JPG

土葺きの場合は、この、隙間野地が、重要なんです。

こjこに、縦に張り付けた、杉っ皮。。

その上に、大量の土。。その上の瓦。。ってな感じ。。

葺き土・瓦の重量で、杉っ皮が、この隙間野地に、

食い込み、瓦をずらさない工法なんです。

ここ近年、文化財等、歴史ある土葺きの瓦だから、この瓦を使ってください。

などと、頭でっかちの設計士さんからの問い合わせがありますが??

ぶっきらぼうの俺。。

野地は何だい??

はい、コンパネに、ルーフィングを考えております。

んじゃ、俺には出来ない。。悪いなぁ!他をあたってくれよ!!

♪ちゃちゃっちゃっちゃっちゃちゃ♪あんたあの娘の何なのさ!(笑)

ま、今回は、百年前の瓦に、引退していただき、

新しい瓦。。に変更の為・・・↓

IMG_0111.JPG

杉っ皮ではなく、ルーフィング。。

野地板も、↓

IMG_0118.JPG

杉板ベタ貼りで、いきまーす。。

10年保障がいっぱいいっぱいの新生屋根材と、

歴史のある日本瓦。。

比べものにならないでしょ??

土葺きを悪者にしているようじゃ、この業界衰退の一途。。

これをお手本に更なる進化を求めないとダメですね♪

俺より先輩でも、土葺き葺けない人多いんじゃないでしょうか??

そんな人が、案外、新生屋根材なんかに手を出し、

上手く儲けている現実。。

不器用な俺には、無理。。。(笑)


11月ここまで。。。

にゃんだかんだ、忙しく、

ブログ更新が、間をおいています、現実。。

良い子の皆さんには、大変ご迷惑をお掛けいたしております。

実は・・・(誰も、迷惑してない・・・)(笑)

な~んて、冗談はさておきまして・・・11月。。

今年も、後、2か月。。2か月綴りのカレンダーでは、

残り1枚となってしまった現実。。

1年のたつのは、早いもんですね♪

さて、本題。。今月11月。。

まずは・・・11月1日。。5年に1度の更新講習。。↓

IMG_0100.JPG

行って来ましたよ~ん!!↓

東京飯田橋。。

さすが東京。。ポケストップが??・・・↓

IMG_0098.JPG

IMG_0099.JPG

俺がやってる、ポケモンGOとは、

別のゲームのような気がしました。。

井の中の蛙大海を知らず。。(爆)

この、瓦業界も、そう。。

講釈垂れれば、きりがないので…後日といたします。

さて、仕事の方は・・・11月2日。。↓

IMG_0101.JPG

瓦葺き替え工事。。

IMG_0102.JPG

11月3日↓

IMG_0103.JPG

本日、11月4日。。

例の地蔵堂。完成!しましたぁ!↓IMG_0106.JPG

IMG_0104.JPG

IMG_0105.JPG

んで、明日も、葺き替え工事に参上いたします。。でーす。