So-net無料ブログ作成
検索選択

連想ゲーム(笑)

竹藪の開拓から始まった、稲荷様屋根工事も、無事終わりまして、

竹と言えば、かぐや姫。。竹と言えば、虎。。

竹と言えば、雀。。ってな具合で、ふと、思い出した。。

本日からの仕事は・・・・はい、屋根の中に入り込んだ、

とーっくから依頼されておりました、 雀ちゃんの巣撤去工事でーす。

春には、かわいそうなので、雛が育つまで、待ってて下さい。

夏には、かいーので、待ってて下さい。。ってな感じでの

引き伸ばし。。(笑)

ま、時期とすれば、今がベスト時期ですもんね♪

ふと、思い出した、仕事です。(爆)↓

IMG_0341.JPG

IMG_0340.JPG

軒先の、漆喰が剥がれまして、雀穴からの進入。。

本谷付近からも、進入。。

IMG_0342.JPG

今回の工事は、この巣をすべて、撤去致しまして、

軒先メンドを取り付ける工事です。

私が、引き伸ばしをしていた訳は・・・・実は・・・・

実は、軒先が、一文字唐草なんだぴょ~ん!!(笑)

IMG_0345.JPG

ま、出来ない訳ではないので、一文字軒瓦を剥がして、メンド取り付けて、

再設置。。

そだ!剥がしながら…↓

IMG_0343.JPG

奥の方に巣を作った為、雛が、脱出できないで、

ミイラになってたのがいました。。

しっかし、人の付けた一文字軒瓦の再設置は、むじゅかちい。。(笑)


稲荷様仕上がりましたぁ!

薬師様に引き継時まして、本日は、稲荷様完成!です。

神様御用達の、埼玉・深谷・お洒落な屋根 山田瓦店。ん?

完成祝で、ちょいと、お神酒が行き届いている、

ま、早い話が、気分が良く、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]ちょいと、飲みすぎ(笑)

こ~んな、感じに仕上がりましたぁ!↓

IMG_0326.JPG

IMG_0328.JPG

IMG_0330.JPG

IMG_0333.JPG

こちらも、淡路100枚判面取りを、足詰めにて、施工いたしました。

野地木工事も、当社、宮大工、お洒落な屋根が、施工いたしました。

素人ながら、下手な、大工より、上手のような気がします。?

手前味噌・・・・(笑)

IMG_0334.JPG

IMG_0335.JPG

この暮に来て、それぞれ別のお宅の、神様2棟。。

通常めったにない、共に、100枚判面取りの社。。

この確率・・・・神ってますでしょ?

神様は見てくれています。

今年もあとわずか、いつも、私のブログを、懲りずに、

覗いて下さる良い子の皆さん!今ひと踏ん張り、

お互いに頑張りましょう!ね♪(^-^)ニコッ


薬師様仕上がりましたぁ!

ここんとこ、神ってる、(笑)お洒落な屋根 山田瓦店。。。

本日、薬師様。。完成!いたしましたぁ!!

じゃ~ん!!↓

IMG_0305.JPG

淡路100枚判面取りを、既存の葺き足にて、

施工中。。

既存の抱き幅の多い、京の巻き鬼瓦。

再登板させるべく、こ~んな加工も・・・施しまして↓

IMG_0307.JPG

IMG_0308.JPG

ま、こ~んな感じに仕上がりまちた。

IMG_0309.JPG

裏側は、80年前の、手造りの、小瓦を続投再登板。。↓

IMG_0313.JPG

完成~!!↓

IMG_0315.JPG

棟は、紐熨斗目地積み。。ジョイントは、当社得意の、

すべて、平瓦の桟芯合わせの、薬師寺納め。。

IMG_0317.JPG

IMG_0318.JPG

IMG_0320.JPG

IMG_0322.JPG

ここで、ビフォーアフターっと行きたい所ですが??

ま、興味のある方は、以前の記事をご覧ください(無責任)(笑)

先人の、良い所は見習い。。悪い所は、改善していく。。

こいつが、俺のやり方。。

以前の、ちょいと、暑っ苦しい、丸共7段積みを、

丸共5段目地積みにて、仕上げました。

ま、職人の、「感」ってやつですかね♪

ここ近年、復元の名の元に、勘違いしちゃってる、物件。。

多いよね♪(笑)


気分は、ガリバー(笑)

今日も稲荷様。。

予告通り!風切り丸引いてきましたよ~ん!↓

IMG_0300.JPG

IMG_0299.JPG

ま、↑の写真だけなら、何の違和感のない納まりに感じるでしょが??

実はこの瓦。。100枚判と言って、ちっちゃい瓦なんです。

通常53判は、坪あたり、53枚。。この100枚判は、坪あたり、

100枚入る、大きさです。

にゃんだか、小人の国に迷い込んだ気分。。(笑)

見て、巨人の足。。。(爆)↓

IMG_0290.JPG

IMG_0297.JPG

にゃんとも、歩きにくい・・・・

通常使ってる道具だって、・・・↓

IMG_0295.JPG

 通常の比率で言うと・・・・

巨大金槌・巨大インパクト・巨大サンダー。。。(笑)

IMG_0296.JPG

本日の作業は、こ~んな感じに、クシメンド固めまして、

IMG_0292.JPG

鬼瓦、取り付けまして、棟積みの準備までです。

IMG_0293.JPG

IMG_0298.JPG

あっ!そだ!この京の巻き鬼瓦。。

60数年前の鬼瓦、再登板です。

まだまだ、現役続行!してもらいます。こ~んな構造になってまちた。

じゃ~ん!↓

IMG_0303.JPG

こ~んな感じに、づらを、パカッと被せて・・・・

完了でーす。(笑)

IMG_0304.JPG

さて?明日はいよいよ完成!か?っと思いきや・・・

明日は、この稲荷様じゃなくて、例の、薬師様を先に仕上げます。。

ご期待下さい。。んじゃ。。


稲荷様。。

今朝1番で、淡路島より届いた、小瓦100枚判を

積み替えまして、現場に直行!!

はい、例の、稲荷様の屋根工事突入でーす。

まずは、この、かぐや姫ちゃんが出て来そうな(笑)・・

この、竹やぶを開拓した細道を・・・・↓

m_IMG_0259-b6513.jpg

人海戦術にて・・・運び入れまちた。↓

IMG_0278.JPG

IMG_0279.JPG

瓦揚げも・・・人海戦術(笑)

この既存瓦↓

IMG_0284.JPG

の葺き足に近づけるように・・・↓

IMG_0286.JPG

自作の、深切りにて、施工中。。。

IMG_0280.JPG

IMG_0285.JPG

IMG_0287.JPG

IMG_0289.JPG

ケラバメンドも、トタンって訳にはいかないので・・・

木製の、瓦座繰り。。

IMG_0288.JPG

IMG_0282.JPG

瓦の裏側も、見付けって感じの納まりでーす。

明日は、いよいよ、風切り丸。。そして、棟積みの準備に

取り掛かります。

この暮に来て、神様2棟。。(笑)

ちょっと、今年にふさわしく、

正しく、神ってる、当社、お洒落な屋根・山田瓦店です。

↑ただ、人間界に見放されるだけじゃねぇの??

ま、そうとも言う。。(爆)


場違い?(笑)

今日は、当社、お洒落な屋根・山田瓦店の

今年、最後の仕事になりそうな新築住宅に、

現場確認と、最終打ち合わせを兼ねて、 

下葺きルーフィング、瓦桟を、届けに行って来ましたぁ。

同じ埼玉県ですが?家からは、ちと遠い、1時間30分超の現場

ナビを頼りに、到着した現場は・・・・・(コンビニの駐車場より)

新興住宅地。。。見て、↓

IMG_0267.JPG

ん~!全然、瓦屋根ないじゃん!!

IMG_0266.JPG

↑この一角に・・・本格木造住宅が見えますかね。??

はい、これが、今度の私の現場です。

じゃ~ん!!↓

IMG_0269.JPG

IMG_0270.JPG

IMG_0271.JPG

IMG_0273.JPG

金物を、一切使わない、伝統的工法、渡り顎構法って奴で、建てています。

IMG_0274.JPG

IMG_0276.JPG

IMG_0277.JPG

若き棟梁、他県からも、応援が来ています。

この全体からの外国のような雰囲気の中で・・・

日本古来からの工法。+日本瓦。。

ちょっと、正直、場違い感隠せませんが??

どっちが?場違いか!

後で、きっとわかる日が来ることでしょう。。

こんな程度にしておきましょう。。

ここまで、仲間はずれにされちゃってる雰囲気の我々反主流派は、

中途半端じゃ、長いものに巻かれる。

とことん、こだわり、追求したいですね♪

この場で、瓦は、野暮とは言わせない。。

むしろ、いいチャンスととらえている、お洒落な屋根です。

「赤信号・皆で渡れば怖くない!!」じゃ、

ダメだべさ。。。(笑)


今日は、稲荷様

さて、予告通り!本日は、稲荷様です。

はい、この竹藪の中の、社の瓦葺き替え工事でーす。↓

IMG_0256.JPG

まずは・・・・ここまで行くルートを確保しなければいけません!

竹藪の開拓からスタート・・・・(笑)

にゃんとか、道は開けましたぁ。↓

IMG_0258.JPG

IMG_0259.JPG

これで、狭いながらも、足場、瓦が運べます。

♪「とぉりゃんせ、とぉりゃんせ。 ここは何処の細道じゃ。 ♪

っと、鼻歌歌いながら、開拓しましたが??

続きは・・・・天神様の細道じゃ。♪

ふと?今、書きながら・・・思った。。。

この物件。。。天神様じゃなくて・・・・稲荷様じゃん!!(゚ー゚;Aアセアセ

ま、稲荷様・天神様・薬師様・・・・い~っぱいいますもんね♪

さて、足場も組んで、こ~んな屋根の

瓦降ろし・・・です↓

IMG_0260.JPG

IMG_0261.JPG

IMG_0262.JPG

IMG_0264.JPG

IMG_0263.JPG

この味に、どこまで?近づけるでしょうか??

さて?本業(瓦葺き)の前に・・・・下地木工事。。

IMG_0265.JPG

明日は、宮大工。お洒落な屋根。です。(笑)


今日は、薬師様。。

例の神様、薬師様の屋根工事に、取り掛かりましたぁ。

じゃ~ん!!↓

番号ふって、剥がして置いた、昭和初期の小瓦を・・・↓

IMG_0241.JPG

葺いていきます。

見て、この、たたらで盛った、切り落ちを、

瓦職人が、ヘラで、面を取った、一刀流。。。

ビンビン、オーラを感じます。。

これを、半分使わないと、ダメなんじゃないかな??

っと、感じてしまう、現代の屋根葺き職人。。

ここ近年、文化財だからと、価値の無い物を、ただ、古いだけで、

ちやほやする風潮の復元もありますが??

本来は、そーじゃねんだなぁ!!

昔の職人の、オーラを感じつつ、未来への挑戦!!

ここんとこの空気。。

どこぞやの、偉い先生が、こう言った。。

文化庁がこう言ったから。。じゃ、ダメなんです。

肌で感じないと・・・・(笑)

リスクを背負って、好き好んで、半分、再登板!!

IMG_0245.JPG

いい味出してるでしょ??

破損の半分は・・・これ↓

IMG_0239.JPG

右の、淡路100枚判小瓦。。

左は、通常の、53判。。大きさを比べてちょ!

IMG_0244.JPG

ほぼ、同じサイズの、淡路100枚判面取り。。。

これを・・・一手間一仕事。。。↓

IMG_0243.JPG

葺き足を、既存と同じ、深切り、4寸足に・・・・加工。。

こ~んな感じに、施工中。。。↓

IMG_0240.JPG

古瓦の方も…↓

IMG_0250.JPG

↑こ~んな感じに、平葺き終わりましたぁ・・・

サイズが分かりにくいので・・・・通常の53判との比較。。(笑)

IMG_0254.JPG

新しい瓦の面も…↓IMG_0249.JPG

平葺き完了!!↓

IMG_0255.JPG

残すは、既存通り!風切り丸引いて、棟積んで完了!でーす。

が??

明日は、例の、稲荷様に参上する予定です。

よって、薬師様には、完成は、ちょいと、お待ち頂く事となります。

が??ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。(笑)

大丈夫だべ!神様ですから・・・(爆)


薬師様・稲荷様。。

ここ近年、人間界に見放されっ放しで、

新築瓦工事が、めっきり減っている、

当社、お洒落な屋根・山田瓦店ですw。(笑)

新築が来れば、四角い奴。。

それでは、本来の、俺ではないので、無理に、首を突っ込みませんが??

それじゃぁ!ダメじゃん!!

わかっちゃいるんだ!!俺だって。。。。

でもさ。。神様はいるんだよ。。

本日は、個人宅所有の、薬師様の瓦降ろし。。↓

IMG_0221.JPG

昔の、瓦職人・屋根葺き職人の、オーラを感じますねェ!

ま、決して儲からないとは、思いますが??

この瓦を使って、復元致します。

IMG_0224.JPG

番号ふって、お掃除しながら、

選別中。。

IMG_0225.JPG

瓦は、昭和初期。。100枚判と、80枚判のあいのこの、6寸5分

完全手造りの1品です。

ま、この味がわかる業者は、数少ない・・・・(笑)

瓦を、降ろして、野地板補強して、ルーフィングまで、完了!

しかし、ひょんなこと、から、神様は見てくれています。

午後からは、こ~んな屋根の診断。。

じゃ~ん!!↓

IMG_0226.JPG

今度は、稲荷様だよ~ん!!

IMG_0227.JPG

こちらも、個人宅所有の稲荷様。。

IMG_0229.JPG

使用瓦は、百枚判小瓦。。

IMG_0234.JPG

IMG_0235.JPG

見て、この、たたらで盛った切り落ちを、

職人が、へらで、面を取った一品。。

IMG_0236.JPG

これを、感じ取れる職人が、復元したいですよね♪

これを、行政とかが、からむと、変な方向に行っちゃうのが、現実。。(笑)

職人だから出来る事。。

訴えて行きたいですね♪

神様は、見ています。。。ってか?(笑)


平板瓦仕上がりましたぁ!

腰が持つか?どうか??(笑)

体力勝負!!(爆)

ま、にゃんとか、へとへとになりながらも、仕上がりましたよ~ん!!

IMG_0210.JPG

ま、泣き言は言ってますが・・・・

通すところは、通します。。

IMG_0211.JPG

雨どいが付かない為、ペンキ屋さんに塗ってもらった裏側

IMG_0212.JPG

軒先のラインも、通します。

IMG_0213.JPG

ガンガン平葺き中。。

IMG_0214.JPG

平板瓦なら、誰でも、葺ける。。

な~んて、事、言ってる奴らが、業界の恥。。

通す所は、通さないとね♪

IMG_0215.JPG

IMG_0217.JPG

IMG_0218.JPG

この手の瓦で、一番見られたくない箇所。。。

はい、雁足。。斜めのラインです。

特別大公開しちゃいましょう。。じゃ~ん!!↓

IMG_0219.JPG

桂馬飛びのラインも・・・↓

IMG_0220.JPG

平板瓦でも、地割りをしましょうね♪。。。

美しいライン、瓦の美。。

これを、度返ししちゃ、「瓦」の明るい未来はない!!っと、

考えております。

平板瓦なら、誰でも葺けるは、間違いだよねぇ?

変てこな屋根葺いているから、瓦離れになっちゃうんだよねぇ?

ここんとこ、メーカーも含めて、自覚しないと、

ほんと、やばい気がします。

下手糞な奴、いいかげんな奴、は、仲間じゃない!!

ビシッと!線引きしないとですね♪

私のブログ、いつも覗いて下さっている、

良い子の皆さん!!一緒に頑張って行きましょう!!