So-net無料ブログ作成

の~んびり湯治中(笑)

当社、山田瓦店は、遅ればせながら、正月休みです。

ん??

ま、

こ~んな感じの、↓

IMG_0457.JPG

温泉宿にて、の~んびり、湯治中。。IMG_0458.JPG

IMG_0459.JPG

 この雪じゃぁ、

湯~ったり、の~んびり。

IMG_0462.JPG

後日、リフレッシュした、お洒落な屋根に、ご期待下さいませ。(笑)

注、たぶん?[ビール][ビール]・・[いい気分(温泉)][いい気分(温泉)]・・[ビール][ビール]・・[いい気分(温泉)][いい気分(温泉)]の繰り返しじゃぁ、

効果薄の予感がしますが・・・?(爆)


そろそろ出ると思ったぜぃ!

私の今日の仕事は・・・・↓

IMG_0442.JPG

こ~んな感じの、アパート(集合住宅)の屋根修理工事です。

築20年前後・・・・

どんな事やってるか?っと言うと・・・・

IMG_0432.JPG

ケラバ、落下による屋根修理工事。。。

↑のようにシーラーだけに頼って、

捨て水切りも入れてない状況。。

ケラバに釘、ビス、何本打っても、この1本の棒に打っているだけ・・

IMG_0433.JPG

もう、下の方なんか、ぐずぐずで、キノコが生える寸前。。(笑)

これじゃぁ!糠に釘、豆腐にかすがい。。(爆)

やべーよねぇ??

そちて今回は、下葺きの不備もありまして、

全面、並べ替えっと言う事で・・・・

これは、私が以前から、メーカーさんに、訴えていた事。。

話をまともに聞いてくれた、メーカーさんは、

残念ながら、倒産。。これ現実。。

んで、平部分。。。↓

IMG_0429.JPG

IMG_0430.JPG

IMG_0431.JPG

↑この、アンダーラップの、土埃。。。

IMG_0434.JPG

IMG_0435.JPG

IMG_0437.JPG

下葺き2重張りして、アンダーラップのブラッシング。。↓

IMG_0437.JPG

そろそろこ~んな依頼。。あると思っていたぜぃ!!

平板瓦なら、誰でも葺ける。。は、間違い。。

結局は、瓦離れになる元。。

私が思うのは、最低限、雨仕舞が分かっている

業者に頼む事。。

単価だけの業者じゃ、NGと言う事。。

まだ、進化をしなくてはいけない、平板瓦。。

しかし、その体力がない現実。。

ま、それぞれのモラルってとこかな??

こ~んな平板瓦でも、雁足、(斜めの線)は出るものです。

誰でも、並べられるは間違いで・・・

芯から、こ~んな墨打って、↓

IMG_0440.JPG

並べ替えてあげる予定です。

いけいけどんどんじゃ、ダメなんだよ~っ!!

歴史ある、粘土瓦。。

こ~んな事で、瓦離れは、残念ですよね♪

しかし、今現在・・ケラバ下水切り・・軒先水切り

ルーフィングの徹底。。最低限これは守らないと。。。

ガイドラインは、2の次かも知れない。。。(笑)

これからは、あるぞー!こ~んな工事。。。

水切り、ルーフィングに頼る屋根材。。。これで、いいのか??

ま、しょうがないとは思いますが??

やっぱ、俺は、和型かなぁ??(ひとりごと)


カバー工法

今日は、こ~んな感じの屋根葺き替え工事に

参上!しましたぁ!

IMG_0424.JPG

某会社の事務所として使っている建物です。

既存屋根材は、コロ。。そろそろペンキを塗らないとやばい時期

そこで、当社に見積り依頼。。

はい、ペンキ屋さんとの相見積もりです。

出来れば、この急勾配。。しかも、当社には関係ない物件なので、

さわらぬ神に祟りなし!知らんぷりが賢明なのは、

分かってはいるのですが??また、十年後にペンキ塗り??

お施主様は、是非、メンテナンスフリーの「瓦」に。。。

が、ご希望のご様子。。

今回は、お施主様と相談の上、

既存の屋根材コロ(アスベスト)を撤去せずに、

カバー工法と言う封じ込め作戦での施工となりました。

棟・ケラバ板金を撤去いたしまして、

こ~んな感じに構造用合板を上張りして、施工中・・・↓

IMG_0425.JPG

重い屋根から軽い屋根への変更で、補助金を出す所も

あるようですが??

軽い屋根から、重い屋根への変更で、まさか?罰金は

ないでしょう!!。。(笑)

さすがに、この構造では、軒先は、金属の腰葺きといたします。

IMG_0426.JPG

IMG_0428.JPG

軒先ゴムアス部分を金属葺きにして、

瓦桟打ってある部分に、平板瓦を葺く予定でーす。

重いだ、軽いだ、んな事は、どうでもいい。。ような気がするのは、

俺が、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]ヨッパのせいでしょうか??(笑)


完成!しました。

昼休み。。現場の上の公園からの[カメラ]。。

IMG_0389.JPG

現場は、瓦屋根なんか、ない。。変な風景(笑)

あっても、平板瓦がちらほらの、新興住宅地。。

IMG_0390.JPG

日本古来のいぶし瓦なんて、

全然、めっかりません!!(笑)

これが、世の中の流れか??っと、感じざるを得ない状況

で、ある事には、違いありません!!(爆)

そんな中。。この物件。。・・・↓

IMG_0392.JPG

お洒落な屋根って奴が施工している物件発見!!

この地で、この状況の中で、あえて、日本瓦いぶし。。

人には仲間はずれと言われようが、

♪そんなの関係ねぇ!♪♪そんなの関係ねぇ!♪

絶対的な自信をもっていれば、例え、世間並ではないですが・・

本物を薦める。。

こん位の事、しないと、ダメでしょう。。

やれ!瓦は重いだ!やれ!地震に弱いだ!

んな、素人の言う事、真に受けて、

業界が、あたふたしている事こそが奴にとっては、迷惑な話。。(笑)

今の、何もわからない、営業マンが、もっともらしい嘘を付く

「屋根材は、地震に強いように、軽~くしておきました。」

って、垂木・梁・柱まで、細くしてしてしまう事実。。

それらに、惑わされて、瓦がのる構造なのに、

コロや、ガルバにしてしまう現実。。

ここに、メスを入れなきゃ、嘘でしょう。。

瓦すらのらない構造が華奢な建物は相手にしない。。

この構造なら、絶対瓦。。しかも、俺に葺かせろ!!って感じの、

意気込みで、行かないと、この業界。。ダメですね♪

何ぃ~!これからの時代は、屋根屋さんも、

金属も葺けなければいけない??

んな奴が、ガイドラインなんか決めているから始末に悪い!

例え、仲間はずれと言われても、とことん「いぶし」にこだわる。。

こだわるからには、お手手、センスで勝負しないとね♪

ま、今回は、こ~んな感じに仕上がりましたぁ!↓

IMG_0420.JPG

細部をば、↓

IMG_0400.JPG

薄熨斗天神目地積みにて、直線を描く。。

IMG_0401.JPG

猫熨斗で、べた積みで、何段積んで、棟には、鉄筋棒入れて、

丸は、ビス留めで・・・・

じゃ、瓦の良さは伝わりっこないでしょぅ??

職人だったら、一手間・一仕事。。

こ~んな感じに、リズミカルに。お絵描きしてきまちたぁ。。

IMG_0407.JPG

IMG_0408.JPG

IMG_0417.JPG

IMG_0418.JPG

使用瓦・淡路瓦美人56判切り落ち

       棟瓦  薄熨斗天神(うすのしてんじん)目地積み

            半円素丸

       鬼瓦   新山(しんざん)

       跨ぎ巴  ベタ

  ま、こ~んな感じに正月、今年初の仕事、仕上がりましたぁ!。 


渡り顎進行状況。。

さて、例の、渡り顎(わたりあご)構法の、伝統工法で建てた、

新築の、瓦工事の進行状況でーす。

昨日、ここまで・・・↓

IMG_0372.JPG

平葺き完了!致しまして、クシメンド(瓦メンド)を固めて来ましたぁ!

IMG_0373.JPG

跨ぎ巴は、ベタ巴、鬼瓦は、新山です。

IMG_0377.JPG

大工さんの破風板の留めもバッチリ!ですね♪

さて、我々は・・・隅メンドの、合端。。。

ほ~ら!ご覧の通り!大粉戦。。(笑)↓

IMG_0379.JPG

そちて本日。。いよいよ、棟積みです。

こ~んな感じに施工中。。↓

IMG_0380.JPG

IMG_0382.JPG

使用瓦は、薄熨斗天神(うすのしてんじん)

絶妙の目地切って、施工中。。

IMG_0381.JPG

リズミカルに、天神熨斗にて、直線を描く。。

はい、空気をも、味方に付ける、工法です。

大工さんも、ここまで、こだわるのなら、俺にもこだわらせろ~~!

って感じの参戦!です。(笑)

IMG_0384.JPG

IMG_0387.JPG

さ~て、明日は、いよいよ千秋楽。。。

ふんどしを〆直して、完成!させます。(笑)

乞うご期待でーす。。(o゚▽゚)o゚▽゚)o゚▽゚)o ニパッ ニパッ ニパッ


今日のメニュー(笑)

当社、本日のメニューは、平葺き完了!まで。。。

順調に、気分良く、ノルマ達成!!です。

とりあえず、平葺き中の写真をば・・・

こ~んな感じに、施工中。。。↓

IMG_0370.JPG

IMG_0371.JPG

何ぃ?下手糞写真で、見づらい??? 

詳細は、後日UPいたします。っと言う事でご勘弁を・・・・

使用瓦は、淡路、「かわら美人56判」切り落ち。。

よーくわかるように・・こ~んなの、おっ貼っておきましたぁ(笑) 

じゃ~ん!!↓

IMG_0369.JPG

良い子の皆さんは、許可なく、このような事は

しないように・・・(爆)

さて、メニューと言えば・・・お昼のメニュー。。

家から、1時間半超の現場。。

早出なので、どおちても、コンビニ弁当が主流になりがちです。

コンビニ弁当も、ちと飽きたので、

はい、本日のメニューは、これです。。。。

じゃ~ん!!↓

IMG_0368.JPG

餃子ライス+シーフードヌードル。。(笑)

現場用電子レンジも、重宝してます。。。。(爆)

そだ!この現場用電子レンジ。。。トラックに積んでいると・・・

瓦屋さん!何で電子レンジ何か積んであるの???っと、

あちこちから、疑問の声が???

そんな時は、万が一焼きの甘い瓦が来た時には、

これで、再焼成!する為です。。っと嘘を言うと。。。

皆んなが、目を白黒させるのが、面白い。。。

。゜( ゜^∀^゜)゜。アーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

ま、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]かっ喰らっちゃったので・・・

お洒落な屋根ならぬ、お茶目な屋根?でちたぁ。。。

(●>∀<●)ノケッケケケ    ププププぅぁはははははっは

あっ、後日必ず、屋根写真。。バッチリ撮って来る事を

お約束いたします。(た・ぶ・ん)(笑)ご期待下さい。。


初荷。。

お正月、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]ばかり、かっ喰らっていたのでは、

体に毒なので・・・(笑)

昨日、お洒落な屋根号(エルフ)に・・・積込みましたぁ!

じゃ~ん!!↓

IMG_0352.JPG

今年の、初荷でーす。

美人満載と行きたい所ですが??ちょいと、控えめに(笑)

さて?本日、1月4日。当社、お洒落な屋根 山田瓦店は、

仕事始めと致しましたぁ!!

向かった先は・・・・ここ。。↓

IMG_0354.JPG

昨年末に、瓦桟打ち、役物配送をしておいた新築現場です。

はい、例の、金物を一切使わず、渡り顎構法と言う、

伝統工法で建てたお家です。

中を内緒で、見せてあげましょう。。じゃ~ん!!↓

IMG_0355.JPG

IMG_0359.JPG

IMG_0361.JPG

ま、下手糞写真ですが、こ~んな感じです。

軒裏は・・・2重構造になっており、↓

IMG_0362.JPG

はい、↑ここ↓

IMG_0363.JPG

から、空気が入る仕組みになっています。

ここで、この空気をどこで?抜くか??

良い子の皆さんなら、お分かりのことでしょう。

答は、棟換気。。ピンポ~ン!ズバリ!正解!!

ですが??

ちょっと待ったコール!

この棟換気システム。。IMG_0364.JPG

既製品の、プラスチック製ではなく、自家製 杉の赤身の木製

IMG_0365.JPG

設計士の先生・棟梁共、当社の提案に、賛成!して下さいましての採用です。

単なる小屋裏換気なら、6尺飛び、3尺飛びで、OK!ですが??

このような構造では、全~部抜かないと意味がない。。

これを既製品でやるとなると、ちょっと、お値段が・・・・

↑その分もらえば、いいんだYO!

んな事言ってるから儲からないんだYO!

ま、確かに、確かに、その通りなんですが?

も、ちょっと、他にも、かけたい所がある

我々、職人軍団です。(笑)

IMG_0366.JPG

こ~んな、設計士の先生ですから、棟の半端も、瓦割。。

瓦寸法で、半端の出ないように割り付けて下さったのですが??

ここでもまた、ちょっと待ったコール。。

先生!上の半端が出ないのは、非常にありがたいのですが?

今回、単なる切り妻ではなく、隅棟がからんでいます

自家製棟換気の高さもありますので、

棟の下端のラインを通したいので、あえて、半端でお願いします。

出来れば、この段数ですと、6分目~7分目の半端がベストです。

ってな、感じの打ち合わせ。。。

大棟の半端がなく、ぴったりで、ラッキー!!っと思ってる諸君。。

最終的美感を追求するなら、ここだね♪

↑あえて、めんどくさいこと、提案するから損をするんだYO!

ま、んな訳で、本日、2017年仕事始め、天気にも恵まれ、

スタートいたしましたぁ!!

本年も、よろしくお願いいたします。


2017年新年のご挨拶

謹賀新年

IMG_0347.JPG

旧年中は、いつもの、ヨッパブログにもかかわらず、

数多くのご訪問・コメント下さいまして、大変お世話になりました。

新春を迎え、より一層の瓦馬鹿ぶりを、出せるよう、

努力していく、決意でおります。

本年も、よろしくお願い申し上げます。

                                      平成29年 元旦

                                       お洒落な屋根 山田瓦店

                                                 山田裕一