So-net無料ブログ作成
検索選択

平板瓦切り妻屋根。一部片流れ屋根。。

平板瓦切り妻屋根。一部片流れ屋根。。

はい、例のクイズ、スーパートライの現場です。 

本日、や~っとこさ、仕上がりましたぁ!!(笑)

↑おいおいまだ仕上がっていなかったのか?YO

ま、こ~んな感じに仕上がりましたぁ!↓

IMG_0608.JPG

IMG_0617.JPG

何で?今まで、仕上がりを、伸ばしたか??っと言うと。。。

最終的仕上がりが、防火破風。。

通常の切り妻、寄棟等であれば、その分だけ、計算して、

隙間を空けておけは、OK!牧場。。なんですが??

事、今流行りの、片流れ屋根。。。

大空に向かって、挑戦状を叩きつけるような構造。。

実はこれ・・・・雨仕舞が悪いんだ!!

ここ近年、急成長の片流れ屋根。。多いよね♪

我々、旧職人、雨仕舞のプロとしては、

本来、考えられない構造なんですが??

流行りじゃしょうがない。。指くわえて、金属を許す訳にもいかず・・・(爆)

ま、完全の雨仕舞のために、・・・

外壁屋さんの、防火破風待ちってな感じで、今となりまちた。

片流れ箇所・・・こ~んな感じです。↓

IMG_0614.JPG

注、瓦のはんてんは、天気予報にない、にわか雨。。。です。

片流れ冠。。↓

IMG_0615.JPG

反対側は・・・・こ~んな感じ・・・↓

IMG_0612.JPG

IMG_0613.JPG

IMG_0616.JPG

IMG_0611.JPG

んで、本日、完成!です。

安易な片流れ施工。。注意しましょう。。ね♪


下屋根、平葺き完了!

例の、瓦葺き替え工事。。

本日、や~っとこさ、下屋根の平葺きが、完了!いたしましたぁ!

じゃ~ん!!↓

IMG_0593.JPG

納まりの悪い、玄関入母屋箇所も・・こ~んな感じに

IMG_0594.JPG

んで、平葺き完了!です。

IMG_0595.JPG

IMG_0597.JPG

いよいよ、棟積みに突入いたしますが??

とりあえず、めんどくさい、壁際、葺き止め箇所から、・・・

新築なら、瓦葺いてから、雨押え板金。。ってな順番で、

施工して行くのですが??

事、葺き替えともなりますと、順番が逆になるので、

この、箇所が、ネックですよね♪。。。←わかる人だけわかるお話(笑)

外壁が外せる物なら、剥がして再施工の方が、

早くて、綺麗に行くのですが??

今回は、総合的に判断して、度胸を決めて、(笑)

この雨押え板金の中に、スッポリ納めます。。↓

IMG_0598.JPG

極力、汚さないように・・・↓

IMG_0599.JPG

南蛮漆喰を、押し込みます。。↓

んで、熨斗勾配も、配慮に入れて、慎重に積み上げまちた。

IMG_0600.JPG

IMG_0601.JPG

あ~!めんどくせ。。。( ̄b ̄)シーーッ!!

慎重にやってはいるのですが??

やっぱ、汚してしまいますね♪

お掃除必須です。。

玄関入母屋の、葺き止めも、もぐりまして、↓

IMG_0603.JPG

来週、から、いよいよ、棟積みに入ります。。

んじゃ。。


完成!見学会

昨日、去年の暮から、お正月にかけて、屋根工事で、

お世話になった物件の、「完成!見学会」に、

行って来ましたぁ!

そう、。。新興住宅地ある、あの物件。。。じゃ~ん!↓

IMG_0565.JPG

釘を使わない、渡り顎構法の現場です。

とことん、無垢にこだわる。。若き棟梁と、お施主様の

作品です。

そこんとで、ちと、俺(瓦屋)にも、こだわらせろ!!ってな

感じで、参戦!です。(笑)

IMG_0581.JPG

IMG_0571.JPG

淡路56判切り落ち、薄熨斗天神にての目地積み。

IMG_0579.JPG

施工後数か月、たったので、サンダー埃も綺麗に取れて、

輝いていましたよ~ん!。

IMG_0577.JPG

IMG_0583.JPG

・ 

内装の一部も、ちらり・・・[カメラ]

IMG_0566.JPG

大工がこだわる。瓦屋もこだわる。

それだったら、俺(タイル屋)にも、こだわらせろ!ってな具合で、

タイル屋さんも、玄関アプローチも、タイルではなく、瓦で・・・

IMG_0573.JPG

IMG_0575.JPG

仕上げてありましたよ~ん!!

左官屋さんも、建具屋さんも、畳屋さんも、各々、相乗効果。。

良いお家に仕上がってました。職人だったら、ちと、こだわる。

これが、我々職人の本来の姿なんではないでしょうか??

お施主様も、大喜びして下さったので、思わず、いつもの、・・・・

当社200年保障!を付けてしまいまちたぁ。

(●>∀<●)ノケッケケケ    ププププぅぁはははははっは

帰り道に、私が、一昨年施工させて頂いた、古民家さん

に、ちらり、お邪魔して来ましたぁ。。↓

IMG_0588.JPG

IMG_0591.JPG

やっぱ、いいよね♪日本瓦。。

ちなみに、この家の保証は、198年になります。(笑)っと言って

現場を後にしました。。(爆)


下屋根続行!

ま、自分勝手にやってる割には、

にゃんとか?クビ(笑)にならずに、下屋根続行ですw。

IMG_0552.JPG

瓦降ろし。。。

そうそう、この、天窓。。

数年前に、この下のお部屋が、暗いので、後やりで、

リフォーム業者に、取り付けてもらったそうです。

じゃ~ん!!↓

IMG_0553.JPG

この半端具合。。。↓

IMG_0554.JPG

几帳面に、入れてあるのですが??

ちょいと、やばそうな気配むんむん。。

折角のチャンスですから・・あばいて見ましょう。。↓

IMG_0555.JPG

IMG_0556.JPG

IMG_0557.JPG

 ・

↑想像通り!埃だらけ。。(笑)

雨漏り寸前の状況でちた。

この箇所。。絶対に雨水が入る箇所。。

本来であるならば、あける勇気、が勇気が必要です。

水は、効率良く、流してあげる事。。これ大事です。。

そこんとこの勘違い。。

絶対進入させてはいけない所は、普段いい加減なのに、

このような個所を。無意味な几帳面。。

だいたい、このような奴は、ランダムな瓦を、

変に、規則正しく、葺いちゃう奴です。。みなさんの廻りにも

いるでしょ??(笑)

マニュアル・マニュアルだけじゃ、だめなのよ。。

やっぱ、瓦は、センスで葺かないとね♪・。。

何書いてるか?よくわからなくなっちゃいましたが??

こ~んな感じに、下葺きして来ました。。↓

IMG_0558.JPG

IMG_0562.JPG

瓦葺きは、連休後になる予定でーす。。ニコ(*^_^*)ニコ


設計無視。。

例の、陶器瓦いぶし銀和型の現場。。

上屋仕上がりましたぁ!じゃ~ん!!↓

IMG_0537.JPG

設計段階では、瓦は、陶器瓦和型いぶし銀色

大棟は、既存通り、丸共7段積み。。隅棟5段積み

熨斗瓦は、紐熨斗ではなく、厚熨斗で・・・

いったい何を基準に決めたのか???

通常なら、瓦屋さん、お任せコースが主流の、

当社、お洒落な屋根山田瓦店。。ちと、ストレス。。←( ̄b ̄)シーーッ!!(笑)

ま、とりあえず、設計通りに…丸共7段積み↓

IMG_0545.JPG

設計指定はないですが?勝手に、大面、肌熨斗ふんがけて、

踏ん張りを付けています。

IMG_0546.JPG

問題は、この段下がりの大棟箇所。。

既存は、漆喰ベタベタで、変てこな納まりでした。

この、微妙な段差をスッキリ見せる。。

男、お洒落な屋根の取った作戦は・・・・じゃ~ん!!↓IMG_0540.JPG

下の大棟の冠丸瓦を、上屋の跨ぎ巴と、一体化する。。作戦。。

現寸引いたら、こうなりましたぁ!

IMG_0541.JPG

IMG_0542.JPG

IMG_0543.JPG

IMG_0547.JPG

IMG_0548.JPG

ま、熨斗瓦1段多く(熨斗7段)積んじゃいましたぁ!が??

変な段差が出るより、かっちょいいでしょ??

本来であるならば、上屋も、丸共8段か、9段積ませてくれれば

ベストバランスになるのですが??これもいたしかたない。。

でも??下の棟が、1段多く積んであるのが、ばれないように、

棟幅、狭く、スッキリ積んであります。逆に、上屋は、

踏ん張りを付けて、重く見えるように積んでバランスを取りました。

ばれなければ、俺の勝。。

もし、ばれちゃったら、たぶん??クビでしょう(笑)

ま、いいや。。(爆)

いよいよ明日からは、下屋根の瓦降ろしです。

既存のこの納め↓

IMG_0538.JPG

これじゃぁねぇ??(笑)

↑の納めと比べてちょ!!。。。


平板瓦葺いてます。

IMG_0535.JPGさて、本日は、平板瓦(四角い奴)。。葺いて来ましたぁ!↓

IMG_0531.JPG

こ~んな屋根です。↓

IMG_0533.JPG

ここで、問題です。さて、この平板瓦は・・・・

何処のメーカーの、何という瓦でしょうか??(笑)

IMG_0534.JPG

IMG_0536.JPG

回答は、コメントで…(笑)

でわ・・・


金槌新調しましたぁ。

金槌(かなづち)新調いたしましたぁ。じゃ~ん!!↓

IMG_0523.JPG

これは、我々屋根屋さんが使う、金槌です。

タンガロー。一刀流。。(笑)

この道40年。小僧時代からこの金槌を使っています。

ひょうたん印」長島工業社謹製。。 

もう何本使ったかなぁ??←思い出にふける。(笑)

この金槌の特徴は。。。↓

IMG_0524.JPG

このとがった部分と、↓

IMG_0527.JPG

こちらにも、↓IMG_0528.JPG

IMG_0525.JPG

超硬合金(タンガロイ)がロウ付けしてあります。

このタンガロイ、ダイヤモンドの次に硬い。。

硬さと、丈夫さは、もろ刃の剣。。

下手糞が使うと、欠けるんだなぁ!これが・・・・。(笑)

私も、若かりし頃は、何度も、欠いちゃったなぁ!←思い出にふける(笑)

金槌を見れば、その職人の技量がわかる。。。過言ではありません!

このタンガロー一丁で、

釘を打つ・瓦を割る。瓦を切る。瓦に穴をあける。寸法を測る。

等が、自由自在。。

後日、暇な時に、俺の、タンガロー裁き。。。

公開したいと思ってはいるのですが??めんどくさくて、

しかも、[ビール][ビール][ビール][ビール]飲むのが、いそがしいので(笑)


冬眠から覚めて(笑)

全世界の皆様、ご無沙汰しております。

自分勝手な、お洒落な屋根です。(笑)

ここんとこ、記事が滞っているのは・・・・・

実はね♪。冬眠していたからなんですw。っと言うのは・・・

大嘘で、今年に入って、どうも?暇で、にゃんとなく、

俺らしい、俺っぽい・・仕事がない、っと言うのが現実です。(笑)

どうも?ストレスを感じる仕事が多い。。よって、記事も遠ざかる。。

これも、変に、こだわる、じじいの性・・・(爆)

んな事は、俺だって、わかっちゃいるんだ!

ま、んな泣き言いっててもしょうがない、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%93%E8%9F%84

啓蟄も過ぎて、冬眠から覚めた、お洒落な屋根は、

そのストレスも、記事にして行こうと思います。

さて、瓦葺き替え工事始めましたぴょ~ん!↓

IMG_0518.JPG

俺流に、ビシッと!「いぶし瓦」で、決めたいところなんですが???

残念なことに…あっちに見える、ケラバ破風入母屋。の離れ屋根。。

あの、いぶし瓦が・・・あんまりかんばしくない変色。。

評判が良くない。。

お施主様のご指定で、陶器瓦和型の選択です。

実は、俺にとっては、これも、ちょいとストレス。。

ま、今の、何でも、片流れ・金属屋根、よりは、ましかな??

っと、自分をだます、お洒落な屋根。。。(笑)

んなことより、瓦降ろし・瓦降ろしっと!↓

IMG_0519.JPG

手で、欠いていたのでは、めんどくさいので・・↓

IMG_0520.JPG

現場にあった、ユンボで・・・・粉々に(笑)

こ~んな感じに、↓

IMG_0521.JPG

上屋の、屋根下地ができまちた・・・↓

IMG_0522.JPG

ま、ご期待下さい。。。んじゃ。。[手(パー)]