So-net無料ブログ作成
検索選択

屋根修理。。

ここんとこ、完全に新築に見放なされちゃってる、

当社、お洒落な屋根・山田瓦店ですw。(笑)

それもそのはず、つまらない物件は、こちらから、

お断り!!ってな具合。。(爆)

それじゃぁ、仕事なんか来るはずもない。。

んな事は、百も承知の助。。。

ま、でも、こ~んな修理仕事やってます。↓

IMG_0700.JPG

震災・雪被害等で、かなり、よじけちゃった隅棟

IMG_0702.JPG

ま、震災直後、適当ーに、ボンド補修してもらったそうですが?

やっぱり、ダメなものはダメ。。

IMG_0703.JPG

じんばら飛び出しちゃってますw。(笑)

ばらして、積み直し。。。↓

IMG_0704.JPG

ばらしてみてわかる事。。

だいたい、土の置き方がなってない。。


無緊結も、もっての他。。

IMG_0708.JPG


こんな事やってるから、瓦離れになる訳だ!!

ばらしながら、ドリルで↓

IMG_0706.JPG

↑穴っこあけて・・・↓

IMG_0707.JPG

ボンドをカッターナイフでお掃除して、

積み替え準備です。

しっかし、この屋根屋さんは、大きな声で言えませんが、

下手糞です。。↓

IMG_0709.JPG

半端の鱗勝手も、このざま。。

気合いが足りませねぇ???

それと、この時代の、銅板の本谷。。↓

IMG_0701.JPG


IMG_0715.JPG


IMG_0716.JPG

も、交換時期。。↓

IMG_0713.JPG

ステンレス板に、↓

IMG_0714.JPG

交換致します。

それと、にゃんとかなりそうな棟は・・・↓

IMG_0711.JPG

既存のシックイと、膿んだ土を、かっぽじいて、

漆喰塗り替えといたします。

日本一の屋根材粘土瓦。。

もうちょっと、上手に施工してくれれば、良かったのにね♪


物置屋根完成!

本日、予告通り!物置屋根。

完成!致しましたぁ!!

とりあえず、作業工程をば・・・↓

IMG_0690.JPG

仕様は・・・

淡路「かわら美人56判」切り落ち。。

棟は、紐熨斗(ひものし)目地積みにての、

関東流、江戸棟。。。↓

IMG_0691.JPG

紐ジョイントは、もちろん!すべて、桟芯合わせの、

薬師寺納め。。。

ま、こ~んな感じに、完成!です。↓

IMG_0692.JPG


IMG_0693.JPG

たかが、物置と言えども・・・

風切り丸は、欠かせません!!

鬼瓦は火星人!!(笑)↓



IMG_0695.JPG


IMG_0696.JPG

関東流の、物置完成!でーす。。

IMG_0697.JPG


IMG_0698.JPG

そもそも、たかが切り妻。ですが??

切り妻屋根の魅せ方。。

ここで、ひと講釈します。。(笑)

私が思うに・・・たかが切り妻。。ですが??

ちょいと、アクセントが欲しい。。

これは、地域変われど、日本人の落ち着く美感って奴が

あるのではないか??っと、分析しております。

関東だったら、風切り丸。。

新潟、北陸の方は、雪の為。。

風切り丸は、リスクを背負い過ぎ。。

が??にゃんか?寂しいので、棟反りのアクセント。。

こと、この瓦の産地の淡路島では、棟の両端の、

数本の冠瓦だけ、紐付きにしてある意匠。。

これらは、我が先輩、先人達の知恵。。

全国統一マニュアルも、結構ですが??

ここんとこ、議論したいですよね♪

何も気づかず、施工しているのでは、つまらない。。

瓦は、面白く葺かないとね♪。。

この現場は、後日、足場ばらし、お掃除をして、

完成!予定です。

昔の雰囲気を残しつつの、復元で、

お施主様も、大満足のご様子でちた。。おわり。。




猫の手も借りたい(笑)

さて、例のジャッキ UPの現場。。

本日、や~っとこさ、平葺き完了!いたしましたぁ。

この現場、の母屋。。

私が、以前から、メンテナンスに参上しています。

恐るべし昭和2年の、建物です。

以前の記事参照。。良い味出してますでしょ???↓

IMG_0677.JPG


IMG_0678.JPG

この味に惚れた、男お洒落な屋根、

たかが、物置。。と言えども、妥協しません!!

ジャッキUPだけでは、直しきれないので・・・↓

IMG_0679.JPG

瓦桟木をも、大幅なる微調整。。(笑)

これを目安に、土葺きならぬ、南蛮葺き。。

桟峠のレベルを合わせます。。

IMG_0681.JPG

瓦桟を、ここまで、浮かせると、強度が出ないので、

南蛮漆喰塗り込みーの、釘打ちーので、対応しています。。

ま、こ~んな感じに・・・・↓

IMG_0682.JPG


平葺き完了!でーす。

IMG_0683.JPG


棟瓦メンド(クシメンド)取り付けて、

IMG_0684.JPG

いよいよ、明日、棟積みでーす。。

っと、準備していると・・・

な、なんと。。こ~んな、助っ人が??屋根の上に・・・・↓

IMG_0685.JPG

にゃんこちゃん。。(笑)

あわてて、カメラを構える、お洒落な屋根。。。(爆)

IMG_0686.JPG

とっとっとーっと、小走りに、梯子に向かうにゃんこちゃん。。

まさか?っと思いきや???

梯子降りちゃいましたぁ。。↓

IMG_0687.JPG

たまげた。。。

IMG_0688.JPG

今度は、紐熨斗に興味津々。。

割って、針金縛りでもしてくれそうな気配あり。。

ニャハハ。。


ジャッキUP。。

先日より、明治時代の物置屋根瓦葺き替え工事に

入っております。こ~んな感じの物置です。↓

IMG_0663.JPG

本体は、築、明治時代。の2階建てを、昭和初期に、平屋に減築(笑)

瓦も、明治時代の土葺き瓦で、葺き替えて、ケラバと、棟物(紐熨斗)は、

昭和初期の瓦です。

んでも、もう限界。。ってな訳で、新しい瓦にて、葺き替えと、

相成りました。

とりあえず、一昨日、足場を組んで、↓

IMG_0665.JPG

前のトタン屋根の下屋根の養生。。↓

IMG_0664.JPG

そして、昨日、瓦降ろし・・・↓

IMG_0666.JPG

瓦・大量の土・杉皮・野地板の順に、剥がしています。

そして、本日。。野地板張りです。

足場屋、解体屋、に引き続きまして、今日は、大工さんです。(笑)

IMG_0671.JPG

相じゃくりの、杉板を張っています。

やっぱ、このような小屋組みには、合板ではなく、無垢板が良いですね♪。

半分張った所で・・・・・↓

IMG_0670.JPG

IMG_0674.JPG

棟に、糸を通し、

こ~んな事やってます。。。↓

IMG_0675.JPG

ジャッキUPで~す。。

こんなことやってるから、本日、大工工事、終わりませんでちた。

明日は、残りの大工仕事して、下葺きルーフィング、瓦桟打ち、

んで、いよいよ本業の瓦葺きってな感じかな??

昔の雰囲気を残しつつ、ビシッと!復元したいと

思います。乞うご期待。。


葺き替え工事。。

ここんとこ、完全に、新築に見放されちゃってる、

当社、お洒落な屋根・山田瓦店です。(笑)

今の新築は、片流れの板金屋根。。多いですよねぇ??

ここで、これからの時代は、屋根屋さんなら、金属屋根も

手がけなければ、いけない!!等の、ご意見が

あるのも、十分わかりますが??

なにぶん、当社、お洒落な屋根 山田瓦店は、

不器用な為、時代に乗り遅れております。(笑)

だって、しょうがねーや!やりたくないんだも~ん!

↑時代に乗り遅れた奴は、一生遊んでろ!!

ま、捨てる神あれば、拾う神あり。。

にゃんとか、修理、葺き替え等で、食いつないでおります。(爆)

んな訳で、こ~んな屋根の葺き替え工事・・・↓

IMG_0655.JPG

はい、築50年近くなる、厚型スレート屋根。。の葺き替えです。

IMG_0656.JPG

IMG_0657.JPG

IMG_0658.JPG

かなり、漏っちゃってましたぁ。↓

IMG_0659.JPG

厚型スレートを撤去致しまして、

野地板を新しくして、

IMG_0660.JPG

陶器瓦2山タイプに葺き替え中。。↓

IMG_0661.JPG

IMG_0662.JPG

やれ!金属だ!化粧スレートだ!の業者の営業さんが多い中。。

ろくな営業トークの出来ない、当社をお選び下さいまして、

ありがとうございます。決して損はさせません!!

屋根材は、歴史のある、粘土瓦が一番です。

これ、間違いない!!。。


春爛漫

正しく、春本番。。春爛漫の今日この頃です。

現場回りの途中の写真をば・・・↓

IMG_0652.JPG

IMG_0653.JPG

IMG_0654.JPG

IMG_0648.JPG

IMG_0649.JPG

。。

春ですねぇ?!

今年に入って、冬眠ぎみだった(笑)当社、

お洒落な屋根山田瓦店も、そろそろ、春本番。。

ってな感じで、ぬくぬく起き出し。。現場回り。

春はいいよねぇ?。。気分を前向きにしてくれます。

とりあえず、この物件・・・・↓

IMG_0650.JPG

いい感じでしょ??↓

IMG_0651.JPG

日本の、素朴な感じの、宿場町の風情。。

この雰囲気を、残しつつ、復元してやろうと、

たくらんでおります。

私が、お施主様に言った言葉。。

「この雰囲気が、お宝だ!っと、分からない連中には、

正直、触ってほしくない。。。」

そ~んな、職人気質に、お施主様も、ご納得。。

どう料理するかは、後日のお楽しみってな感じです。

その他、数軒、面白い物件を、訪問したのですが??

残念ながら、デジカメの電池切れ。。(笑)

だいたい、こんなもんです。だって、俺だもの・・(爆)

また、覗いて下さい。。後日公開いたします。


騙されないで・・

雨漏りによる、棟瓦積み替え工事。。↓

IMG_0639.JPG

IMG_0640.JPG

お掃除が仕事みたいな工事ですね♪(笑)

あっ!そだ!この鬼瓦の中には・・・・↓

IMG_0637.JPG

↑こ~んなのが、入っていましたぁ!↓

IMG_0638.JPG

はい、鬼吊りの、竜頭の補助として、鉄筋棒を入れる。。

当時、丁寧な屋根屋さんがやった工法です。。

この工法が、ベストだ!っと、当時、言っていた職人も、

他界し、・・・・・

私は、この当時から、鉄筋棒には、違和感があり、

どうしても??って言う人には、ステンレス棒を入れた経験があります。

今、棟の中に、鉄筋棒を入れなさい。等、

経験もない連中が、言っているようですが??

私、個人としては、大反対です。

良い子の皆さんも、世論に惑わされず、自己判断で、

良い屋根葺いて行きましょうね♪。。

んで、本日。。某お寺さんの山門工事。。

某大工さんの、原寸場で…↓

IMG_0646.JPG

IMG_0647.JPG

破風板・蓑甲の、割り付けの打ち合わせ。。

帰りに・・・この屋根↓IMG_0644.JPG

今流行りの、スッキリシャープに、金属屋根。。

ではなく、以前、当社が施工いたしました。

スマートです。IMG_0645.JPG

屋根も、魅せ方ですね♪


陶器瓦和型新銀色の現場・・

瓦葺き替え工事。。

陶器瓦新銀色の現場・・本日完了!いたしましたぁ!!

じゃ~ん!!↓

IMG_0633.JPG

IMG_0632.JPG

IMG_0631.JPG

IMG_0634.JPG

ちらり、細部をば・・↓

IMG_0636.JPG

IMG_0622.JPG

IMG_0625.JPG

IMG_0619.JPG

↑ま、こ~んな感じに、完成!ですw。