So-net無料ブログ作成
検索選択

シーズン突入。。

梅雨空。。いよいよ、シーズン突入です。

何のシーズンか?って??

はい、雨漏りのシーズンです。。(笑)

この時期になりますと、雨漏り修理の依頼がちらほら。。。

嬉しいやら、めんどくさいやら・・・(笑)

ま、当社を見込んで頼んで下さるのだから・・

邪見にしません!!

昨日、日曜日にもかかわらず・・現場に、診断に参上!!↓

ま、だいたい、私位の歳ばかり取ってる、ベテランになりますと、

雨漏り箇所も、ピンポイントで、発見出来るのですが??

念には、念を入れて。。。↓

IMG_0962.JPG

いつもの、サンタクロース作戦!!

写真に写っている、充電丸鋸・灯光器、必須です。。

ここから、進入しまーす。↓


IMG_0963.JPG

雨漏り箇所、めーっけ。。。

想像通り!この箇所の下。。↓

IMG_0969.JPG


IMG_0968.JPG

良い子の皆さんなら、おわかりのこの箇所。この部分。。

この箇所だけなら、ピンポイントオペも可能ですが??

だいたいこのような、工事をしてしまう屋根屋さんは・・・

他の同じような箇所も、当然、同じような工事の仕方。。のはず。。

お洒落な屋根サンタクロースは・・潜ったついでに・・・

その他も、観察。。。↓

IMG_0965.JPG

あっじゃ~!!↓

IMG_0966.JPG

洗面器・たらい・合計5個・その他、タオル・バスタオル数枚

発見!!

お施主様に聞いたら、忘れてた、昔雨漏りしたみたい。。だってさ。。

ま、本日は、インオペ。。

応急処置をして、様子見と言う、診断でした。。

案外、この、応急処置で、雨漏りしない可能性もあるのが、

名人の辛い所。。(爆)

下屋根葺き替え工事。

下屋根葺き替え工事、始めました。

先日、こ~んな感じの瓦を剥がしました。↓

IMG_0928.JPG


見て、瓦の隙間に、ボンド攻撃。。

IMG_0929.JPG

良かれと思って工事してもらったのが敗因。。

雨漏りは止まらず、更には、息が出来なくて、

野地板も、蒸れ蒸れ状態。。

瓦は、適度な隙間があるのが通気性も良く、長持ちする秘訣です。

下手糞な奴が、瓦の癖も見抜けず、大口空けているのも、

論外ですが??(笑)

ま、野地板張り替えまして、いよいよ瓦工事に突入です。

地割りをして、瓦、揚げて来ましたぁ。。↓


IMG_0952.JPG


IMG_0953.JPG


IMG_0954.JPG


IMG_0955.JPG

。。


今度は女蔵。。

某お寺さんの、土蔵の復元工事が始まりましたぁ!

今回のこの、土蔵は、いつもの、蛇腹が塗り込んである

俗に言う「男蔵」(おとこぐら)ではなく、

土蔵の上に、材木で、上屋がかかった状態の、「女蔵」(おんなぐら)です。

じゃ~ん!!↓

IMG_0950.JPG


瓦を降ろして、傷んだ箇所を撤去。。↓

IMG_0948.JPG

築200数十年。。

あっ、そうそう、この女蔵。。男蔵と比べても、歴史が古いのが

多いのが特徴です。

本来、この上には、茅葺屋根がのっていた。。

それを、小屋取り替えをして、瓦屋根にした、と言うのが、

一般的。。です。

200年の間には、色々な修繕が行われていたのが、見受けられます。

IMG_0932.JPG


IMG_0935.JPG

今回も、残せる所は残す。作戦!です。

この置き屋根の、さすと言う、×点は残し、ここに、新たに、

こだわりの大工さんが、

母屋取り付けて、破風板取り付けて、垂木取り付けます。IMG_0936.JPG


IMG_0938.JPG


IMG_0939.JPG


こちらでは、これまた、こだわりの左官名人が、

天井の、土壁の、補修中。。↓


IMG_0942.JPG


お洒落な屋根さんも、大工さん・左官屋さんと、打ち合わせ。。

打ち合わせをしていると、

昔の大工さん。。左官屋さん。。瓦屋さんが、我々の打ち合わせに

入ってきます。。。

そう、仕事を通じて、その声が聞こえてくるのです。。

IMG_0943.JPG


IMG_0940.JPG


IMG_0947.JPG


ま、皆んながこだわるんだったら、俺にもこだわらせろ!!ってな

じで、(笑)昔の職人に、挑戦!!しようと思います。。

ズバリ!!江戸前のこれぞ!関東の蔵。。ってな具合で、仕上げる

予定です。乞うご期待。。。


終わりました。

先日からやっていた、例の復元工事。。

本日、日曜出勤で完成!しましたぁ!!じゃ~ん!!↓

IMG_0910.JPG


IMG_0914.JPG


IMG_0916.JPG


IMG_0921.JPG


ま、こ~んな感じですよ。。

IMG_0925.JPG


細部をば、チラリ公開。。↓

IMG_0927.JPG

隅メンド入りの隅棟。。

IMG_0918.JPG

下からでは、わかりませんが?

大棟の幅も・・・こ~んな感じになっております。↓

IMG_0913.JPG


IMG_0911.JPG

地震で棟が崩れた、やれ!瓦離れだ!等、

ぬかしている連中の棟幅のなさ。。

棟幅狭く、ヒョロヒョロ積みで、ビス打とうが、鉄筋棒入れようが

本来はダメなんです。

人間だってそうでしょ??気を付け!している状態と、

両脚を踏ん張っている状態。。

想像してみて下さい?、どちらが?安定しているか??

答は明確に出て来るでしょ??

そうです。歴史ある建物が現存している訳。。

棟幅の踏ん張り。。これ重要です。。

自然に逆らっちゃダメなのよ。。(笑)

IMG_0912.JPG

片紐・1寸紐・1寸紐・1寸5分紐・紐丸仕上げでーす。

ここまで、広くても、下から見ると・・・・↓

IMG_0925.JPG

スッキリ・シャープに魅せる技。。

勉強だけの、頭でっかちの連中の理屈じゃ、

わっかんねんだんべなぁ??(笑)


紐熨斗色々。。

さて、本日。予告通り!棟積みに突入。。

じゃ~ん!!↓

IMG_0902.JPG


IMG_0903.JPG

瓦メンド取り付けて、1段目、片付け紐熨斗で、踏ん張らせまして、

そうそう、今回は、この、紐熨斗(ひものし)瓦だけでも、4種類

使っております。

耳の大きさに注目。。↓

IMG_0904.JPG

↑1寸。

1寸5分↓

IMG_0905.JPG


はい、今回は、1枚ものの片付け紐熨斗。

5分紐。1寸紐、1寸5分紐の4種類でーす。

この使い分けには、意味があります。

何処にどのように配置したのか??

IMG_0906.JPG

陸棟大棟箇所の1段目は・・・片付け紐熨斗。。

隅棟は、既存鬼瓦の再登板により、棟幅が限定される為。

1段目は、5分紐。。

IMG_0907.JPG


ま、紐ジョイントは、当社得意の、桟芯合わせ。。薬師寺納めでーす。。↓



IMG_0909.JPG

片付け紐熨斗の上は、たたみきれないので、1寸紐。。

天熨斗は、5寸丸との相性で、1寸5分紐としました。

思い出せば、手間請け時代。。オール5分紐で、11段。13段積まされた

経験があります。

紐漆喰から、進化した、紐熨斗(ひものし)

進化した当時は、この使い分けもやっていたんんだよ。。

昔に戻る。。この使い分けが、本来のガイドライン

だと、思うんだけろなぁ??

いいか!単なる経営者や、請負師に、まかせるな!!

職人の意地。。魅せ付けないと、もはや、瓦業界はない!!

っと、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]飲みすぎちゃった、じじいのひとり言。。(笑)




復元工事始めました。

以前の記事にも書きましたが??

こ~んな感じの建物の、瓦葺き替え。。↓

IMG_0650-89ffe.jpg


IMG_0651-9b52d.jpg

いい感じでしょ??

築、明治時代。瓦は、昭和初期に既存の瓦で葺き替えられ

ております。

昔の紐漆喰から、紐熨斗瓦に変更。。

こ~んな建物、良く見かけます。気合いの入った仕事。。

さて、平成の今。。この雰囲気は残しつつ、後、100年後、200年後、

まで、飽きの来ない仕上がりにしなくてはいけません!!

とことん突き詰めていくと・・・やはり、土壁・無垢の木・白壁。。

そして、日本瓦いぶし!!

ま、昔に戻っちゃうわけよ。。(笑)

さ~て、いよいよ瓦葺きでーす。↓


IMG_0894.JPG


IMG_0895.JPG


下では大工さんが、左官屋さんの下地造り。。


この建物、ジャッキUPして、土台も入れ替えて、

軒先も水路側、瓦1枚通り詰めてあります。

南側も、寄棟を、切り妻に変更。。


IMG_0896.JPG

んとね♪。屋根が、境界より、出ちゃってるんだって、

本当は、この建物が正しくて、後々、道路の拡張があったもよう。。

どっちが先か??良く考えて見ろ!!

っとは、言っても、どうせ直す今、ちょいと、減築。。

屋根的には、こ~んな納まりになりやしたぁ。↓

IMG_0900.JPG

瓦は、淡路かわら美人56判切り落ちノーマル。

この感じは、やっぱ、53判面取りじゃ出せないんだなぁ!

これが・・・・。


IMG_0897.JPG


ちょん切られちゃったこの箇所も。。。↓


IMG_0898.JPG


片方が寄棟の為、バランスを考えて、風切り丸で、アクセント

付けてやりました。。

さて、明日は、いよいよ、棟積みです。。


IMG_0900.JPG

勉強中。。(笑)

さて、後輩君のお手伝い。。の続き。。

今日も行って参りましたよ!

仕事の合間、お昼休みに、若い連中。皆を引き連れて、工場見学。。

させて頂きましたぁ!

これが、俺にとって、お宝なんだなぁ!!見て。。

造り酒屋の仕込み蔵の内部をば・・・↓


IMG_0875.JPG


築1860年。。この小屋組み。。

IMG_0877.JPG


IMG_0878.JPG


この梁なんかは、当時の古材。。何処かのおだいじん様邸の

欅の床柱。。

IMG_0880.JPG


これが、また、いい味出してましたよ~ん!

IMG_0881.JPG

そう、歴史です。

歴史があるからこその、この仕事。。

見て!・・IMG_0882.JPG

瓦職人と、左官職人の技術・技能の比べっこ。。

関東流、大青海に、紐漆喰。。万年星漆喰。。

ケラバは、ケラバ漆喰ではなく、刻み袖。。。

本来は、ガイドじゃないんだ!職人の意地とプライドの勝負。。

ここんとこ、こだわらないとですね♪

埼玉北部の、男蔵。。↓

IMG_0884.JPG

野地板は、縦張りが主流です。

IMG_0885.JPG

屋根葺き替えの昭和初期。。

IMG_0887.JPG。正6正6分5厘の野地板も、数社製でした。

お宝なんだよなぁ!!

ま、ただの助っ人お洒落な屋根。。

余計な口出しはご法度です。。(笑)

ま、今月末には、自分の蔵。。俺だったらこうしてやる!この蔵も、築、江戸年間。。

職人だったら訴える努力。。こちらも、ご期待下さいませ!!。。

本日は、いつもの[ビール][ビール][ビール]飲んだ他に、蔵元直々のお酒を頂いちゃったので、

一っ講釈。。

やりたい仕事は、女口説くのと一緒。。銭・金・営業力だけじゃ、語れない。。

技術・感性を持っている職人は、訴える努力をしないとですね♪

待っていたんじゃ、ダメ!やりたいからやる!!

ま、ご期待下さい。。(笑)

流しそうめん作戦!(笑)

さて、予告通り!本日は、後輩君のお手伝い。。

はい、土蔵の瓦降ろしでーす。

この蔵。。某造り酒屋さんの、仕込み蔵です。

築、1860年だそうで、、、私が生まれた1960年には、すでに、

100歳を迎えた物件です。。

築、157年と言う計算式が成り立ちますw。(笑)

157年の歴史の中では、あちらこちら、手直しも加えられ、

屋根も、数回葺き替えられている様子です。

とりあえず、こ~んな感じです。↓

IMG_0836.JPG


でかっ!んで、長がっ!!

IMG_0838.JPG

この、横、14間(100通り)流れ6間(73枚登り)の瓦降ろしです。

最後に葺き替えられたのは、昭和18年。。戦前です。

この頃には、すでに、紐熨斗、刻み袖も、開発され、

使ってありましたよ~ん!!↓

IMG_0847.JPG

ここで、段下がり箇所の棟に注目。。

昭和18年以前に葺き替えられた箇所発見!!

じゃ~ん!!↓

IMG_0848.JPG

構造上、上屋がかかった状態の為、痛みが少なく、

昔の姿が、見受けられる箇所あり。。

これぞ!関東大青海、万年星付き。。お宝です。

さて、瓦降ろしですが??後輩君達は、クレーン車の手配もしていましたが??

本日、最年長の、お洒落な屋根先生の、

経験から・・・の提案。。

この大きさ、この勾配、この条件なら・・・・

この作戦がベスト!だ!!

その工法とは・・・・・・・・↓


工法は、長しそうめん工法。。ん??

ま、こ~んな感じよ!↓

 





IMG_0854.JPG


IMG_0862.JPG


IMG_0866.JPG


IMG_0869.JPG


一気に降ろし終わり、

明日は、この葺き土と、その下の杉っ皮の撤去です。↓

IMG_0872.JPG

最年長のお洒落な屋根。。

皆さんの足を引っ張る事のないよう頑張れるでしょうか??(笑)


葺き替え終わりました。

瓦屋根葺き替え工事。。

本日、や~っとこさ、終わりましたぁ。。

この曲がり角だらけの寄棟屋根。。

こ~んな感じに、仕上げました。

下手糞写真で、ご覧下さいませ(笑)

じゃ~ん!!↓

IMG_0819.JPG


IMG_0823.JPG


IMG_0825.JPG


IMG_0826.JPG


IMG_0828.JPG


IMG_0830.JPG


IMG_0835.JPG

ってな感じです。

明日は、仲間のお手伝いで、築157年前の蔵の

瓦降ろしの助っ人に参上いたします。

俺としてみれば、江戸時代の蔵の構造が興味津々。。

助っ人して、手間をもらいながら、勉強が出来る。

ま、発見があれば、写真撮って来てますね♪。。。

いよいよ大詰め!

屋根瓦葺き替え工事も、いよいよ大詰め。。

棟積みに入っております。

じゃ~ん!!↓

IMG_0805.JPG

棟積みは、瓦メンド入れて、厚熨斗天神。目地積みでーす。

こ~んな雰囲気です。↓


IMG_0815.JPG

ま、普通の取り付け部分は、もちろんの事。。↓

IMG_0810.JPG


IMG_0811.JPG

しっかし、この屋根。。曲りっ角だらけで(笑)・・・

上手くコーナーリング回らないと・・ご粗末な仕上がりになりますw。

とりあえず、こ~んな感じ…↓

IMG_0806.JPG


IMG_0807.JPG


IMG_0808.JPG


IMG_0809.JPG


 

ま、お施主様にも、話しましたが??

これを、以前の屋根屋さんのように、ただ、めんどくさい!。

やっかいだ!っと思う屋根屋さんと、

俺だったら、こう料理してやる!!。って言う屋根屋さんでは、

行って来る程の差が出ます。。

以前雨漏りしていた、この箇所も・・・↓

IMG_0814.JPG

ちょ~っと、やばそうでしょ??

ま、にゃんとか、ドリフトしながらでも、上手くコーナリング(笑)。。

曲がり切ろうと思います。(爆)

んじゃ。。[手(パー)]