So-net無料ブログ作成
検索選択

棟瓦積み替え工事。。

昨日は、レーダーには、映っていない。。[雨][雨][雨]。。

んで、本日から、棟瓦積み替え工事に入りましたぁ。

見て、この下手糞さ、かげん!!(笑)↓

IMG_1166.JPG


IMG_1167.JPG


IMG_1182.JPG

これじゃぁ日本瓦の良さを、いくら訴えても、ダメですね♪

弁解の余地なし!!。。

瓦全面葺き替えを提案したのに、今は誰~も住んでいない離れ屋。

とりあえず、雨漏りしなければOK!っとの事。。

しょうがねぇ!いっちょうやったるか!ってな感じの工事です。。


棟壊しをしようと、足場組み付け時に・・・・↓

IMG_1168.JPG

軒瓦。銅釘50ミリ1本止め発覚!!

このままじゃ、これを無視して、工事続行は不可能。。

急遽、こ~んな感じに、補強中。。↓

IMG_1169.JPG


IMG_1170.JPG


IMG_1171.JPG


IMG_1172.JPG


いよいよ本命の、棟積み替え工事に入りましたが??

この下手糞さかげんから・・ある程度、想定はしてましたが?

見て、このざま!!↓IMG_1173.JPG


IMG_1174.JPG


IMG_1175.JPG


IMG_1179.JPG

これじゃぁ、新築当時から、いきなり雨漏りのはずですね♪

お掃除して、半端勝手の入れ直しです。。

IMG_1177.JPG

若者のA君は、上から、攻めています。。

お洒落な屋根は、こちらから・・・↓

IMG_1180.JPG

はい、下から攻めています。。

流は万流、仕上げは一つ。。ですが??

このように、だらしのない納まりでは、すべて、切り直し。。

って作業が発生します。


私が、下から攻めるのは、和型の構造上。。上の瓦を取って、

切り直し。。がベスト。。

そう、上には、一回り大きな半端勝手が入っているのです。。

これを切り直すが、ベスト。。

これも、経験からなせる技。。私のブログをご覧下さっている、

良い子の皆さんも、メモのご用意を・・・(笑)

ほ~ら!俺の方が、断然早いでしょ??↓

IMG_1181.JPG

って言うか??A君もう終わってる。。し。。(爆)

これは、私の体力不足のせい。。

手ぶんぎは、決して間違えていないのよ。。

これを、教えたA君。。明日は、私より、も~っと早く、

終っちゃうかも。。。(笑)です。。

しっかし、下手糞工事の後始末は、めんどくさいですね♪

だいたい、こ~んなざまの工事やっちゃっている奴が、

能書きこくから始末に悪い。。

ま、地道に、瓦の良さを、PRして行こうと思います。。

このような工事をしちゃってる現実がある限り。。

ゼロからのスタートではなく、マイナススタート間違いなし!!

でも?世界一の屋根材。。日本瓦。。

皆んなで、こつこつと、頑張って行きましょうね♪



「女蔵」仕上がりましたぁ!

本日、例の女蔵瓦工事。。仕上がりましたぁ。。

うまい写真[カメラ]撮って来ると、予告いたしましたが??

んとね♪本日こちらは、午後から、[雷][雷][雷][雨][雨][雨]の予報。。

最終日、実況中継でも、したかったのですが??

んな余裕がなかったギリギリセーフの状況。。でちた。(笑)

ま、ちらり[カメラ]撮ってきた写真ですが。公開いたしますw。

本日、完成!じゃ~ん!!

裏側から・・↓

IMG_1158.JPG


UPで・・↓


IMG_1159.JPG


下屋根も完成~!!↓

IMG_1160.JPG

↑上屋、刻み袖。。下屋、中付け袖。。

IMG_1162.JPG

植木の影からチラリ見える、日本瓦いぶし。。

足詰めによる、穏やかな緩~い雁足。。

UPで・・↓

IMG_1161.JPG


にゃんとも、落ち着く感じが日本流。。

 

下屋根の、マネギ箇所も・・・こ~んな感じに・・・↓

IMG_1165.JPG


↑ケラバも、シンメトリー!!

IMG_1163.JPG


んで、マネギと、葺き止めも、一体化の納まり。。

しかも、熨斗ジョイントは、もちろん当社得意の、桟芯合わせの

薬師寺納め。。


IMG_1164.JPG

これも、偶然ではなく、こだわり大工さんとの打ち合わせ済だから

なせる技。。

後は、名人左官が、棟巻。葺き止め水切りを漆喰で作って下さいます。

大工さんがここまでやるのだから、瓦屋がここまでやるのだから、

左官屋さんがここまでやるのだから、の相乗効果。。

良い仕事の条件ですね♪

最近の、やれ!ご予算が?やれ!監督さんが?やれ!設計士が?

じゃ、つまらない。。職人の意地のぶつかりあい!!

一つの物を、一緒に作り上げる同志。。

お互い、お手手の勝負ですね♪。。




いよいよ明日は、千秋楽。。

女蔵瓦工事。。下屋根に突入しています。

こ~んな感じに、足詰め作業中。。。↓

IMG_1143.JPG


IMG_1144.JPG


IMG_1145.JPG


 


IMG_1146.JPG


IMG_1147.JPG

んで、Kトラにて、表側に、配送。。

そちて、ここに・・・瓦揚げ!!↓

IMG_1149.JPG



IMG_1150.JPG

こ~んな感じに葺き終わりまして、風切り丸も、引いて、

IMG_1151.JPG


IMG_1152.JPG


IMG_1155.JPG


残すは、この壁際の葺き止め。。と、マネギ棟2本となりましたぁ!


IMG_1157.JPG

いよいよ、明日は、千秋楽となる予定です。。

時間があれば、上手いアングルで、写真撮って来まーす。。



下屋根は、中付け袖。。

昨日の予告通り!本日から、蔵の下屋根の

瓦工事に、入っております。

下屋根の、袖瓦(ケラバ)は、今回、これで行きます。。

じゃ~ん!!こ~んな感じの袖瓦でーす。

IMG_1136.JPG


IMG_1138.JPG

この皆さんご存知の、

言葉通り!羽根が、ちょいと、中に付いてる奴です。

これからは、いつも通り!実況中継。。(笑)

おーっと、お洒落な屋根選手・・・この袖瓦を・・・・

勝手に、このように、切り刻んでおりますw。。。↓

IMG_1139.JPG

これは、間違いなく、反則技。。。(笑)

しかし、にやにやしながら、取り付け中。。。↓

IMG_1137.JPG

ま、こ~んな感じの仕上がりだぴょ~ん!!↓

IMG_1134.JPG

ここで、感の良い良い子の皆さんは・・・・

下端の、のこぎりはどうする??これじゃぁ納まらない??等

疑問を持たれる事でしょう??

でも?平気なんです。一定の寸法、一定ののこぎりなら、

OK!牧場。。(笑)←古っ!!

どうして?中付け袖を使うのか??

我が、関東地方の、その昔の納まりは、上平袖。。

ま、全国的名称なら、平袖瓦が主流でした。

かつての蔵は、この上平袖に、ケラバ漆喰。。薄熨斗に、紐漆喰

ってなパターンが多い。。

下屋根は、葺き止め、紐漆喰はしても、ケラバ漆喰までは

していない、パターンが、多く見受けられます。。

よって、下屋根は、そう、昔の関東上平袖をイメージしつつ、

羽根は、おまけみたいな考えでの採用です。

そもそも、関東上平袖は、四国の千枚袖の重なりとは、違い。。多くても、同返しまで、と言った物件が多いですね♪

そんなイメージで、こ~んな感じに、仕上げてみましたよ~ん!!↓

IMG_1135.JPG


そう、見付けは、羽根ではなく、上の下駄部分。。


ま、本日、両サイド。。こ~んな感じに取り付けてきましたぁ。↓

IMG_1140.JPG


IMG_1142.JPG


教科書には載せられませんが??

のこ刃も、一定の間隔で、葺けは、リズミカルな納まりになる事

頭のどこかにおいておいてくださいませ。。

きっと、いつか俺の言っている意味が分かると思います。。(笑)






女蔵。上屋完成!!

本日、女蔵、上屋完成!いたしましたぁ!!

じゃ~ん!!↓

IMG_1119.JPG


IMG_1120.JPG

仕様は、下から、平、5寸9分3厘足、「かわら美人」切り落ち。。

瓦ベタクシメンド。。片付け紐熨斗。。薄紐熨斗天神目地積み2段。。

特注青海波3段。。薄紐天神熨斗目地積み2段。。んで、冠瓦は・・・

UPで↓

IMG_1127.JPG

角桟の紐丸で仕上げています。。


IMG_1122.JPG


屋根足場も撤去いたしまして、お掃除して、完成!でーす。。↓

IMG_1128.JPG


IMG_1129.JPG

熨斗ジョイントも、すべて桟芯合わせの、薬師寺納め。。

明日からは、本日、準備して来ました、下屋根に突入です。。↓

IMG_1130.JPG


こちらも、ご期待下さいませ。。って言うか??

俺自身が、どう?料理してやるか?期待しちゃってる。

お洒落な屋根です。。(笑)

現場に行くのが、楽しみ♪って感じの仕事。。

本来、仕事って奴は、こーでなくっちゃ、おもしろくない。。

ただ単に、ノルマ達成だけじゃ、この、くっそ暑さは、

耐えられないでしょう。。(爆)

皆んなで、楽しく、屋根葺いて行きましょうね♪。。

暑っいですね~!

本日。梅雨明け宣言が出されました我が、関東地方。。

行って来ましたよ、某大学の、文化財の物件。。。

築、大正5年の洋館造り・・・↓

ま、仕事始めに、ちらり、内部をば、見学・・・・・。

じゃ~ん!↓

IMG_1101.JPG


IMG_1102.JPG


IMG_1103.JPG


IMG_1104.JPG


IMG_1110.JPG


んで、本日。。我々の任務は・・・・

この、建物の↓


IMG_1112.JPG


この箇所。。。↓

IMG_1113.JPG

はい、銅板の、本谷入れ替え工事でーす。

ここ近年、その昔は、一生物と言われた、銅板が・・・・↓

IMG_1114.JPG

こ~んな感じに、赤裸になる事例が、多々あります。

やれ!酸性雨のせいだの、銅の質が悪いだの、瓦の薬品が悪いだの

抜かしていますが??

本当は、そうじゃねんだ!!

今日は、暑くて、[ビール][ビール][ビール][ビール][ビール][ビール]やりすぎちゃったので、

俺の、俺なりの、分析結果を、書いちゃいます。。

俺が思うに、かれこれ30年前、99・9パーセント純銅となって、

逆に、価格が大幅にダウンした時期がありました。

たぶん?銅の精錬技術が・・・・

ま、めんどくさくなっちゃったので、(笑)

後日、暇なとき、講釈たれます。。

IMG_1115.JPG


IMG_1117.JPG



あっそれと、俺も昔使った、谷スポンジシーラー。。↓

IMG_1118.JPG

 

これも、劣化がひどいですね♪

今回は、本谷を、ステンレス板に入れ替えまして、雀除けは、

谷の内側で、南蛮漆喰仕上げといたしました。とさ。。

ま、日替わり定食みたいな段取りですが??(笑)

明日は、例の蔵の現場に行きまーす。。



関東流「蔵」。。

例の、女蔵。。いよいよ棟積みに突入でーす。↓


IMG_1083.JPG

午後、突然の[雷][雷][雨][雨][雨]。ま、想定内。。準備していたブルーシートで、

しばしの、通過を待っていますw。

よって、写真撮ってる余裕が出来ましたので、

公開いたします。。

IMG_1085.JPG

この破風板に、刻み袖。。。

違和感ないバランスが、黄金比。。でしょ??

いかにも、刻み袖つけましたよ~ん!って感じがしないのが、

ベストバランス。。

さて、棟積みですが・・・こ~んな感じに、積んでいます。

これぞ!関東流。青海波積み。。↓

IMG_1087.JPG

海なし県の我が、埼玉県。。海へのあこがれと。繰り返すさざ波のごとく、

平穏無事の祈りをこめて、の、青海波瓦施工でーす。

本日の作業はここまで、↓

IMG_1096.JPG

そうそう、こ~んな棟、今時流行らない。。地震に弱い等。もっともらしい事抜かす、奴らが多いのも、事実。。

んな事は百も承知。。

片付け紐熨斗で、踏ん張らせまして、薄紐熨斗天神にての目地積み。。

青海波だって、こ~んな感じに、ひっつるめてありますよ~ん!!↓

IMG_1094.JPG


IMG_1097.JPG

熨斗ジョイントも、もちろん、当社得意の、

すべて、桟芯合わせの、意地の薬師寺納め。(笑)

IMG_1098.JPG


IMG_1099.JPG

ま、こ~んな感じに、進行中。。です。

やっぱ、先人の知恵。良いものは良い!!

否定からでは始まらない。。

いい味出して行きましょうぜぃ!!

世界一の屋根材日本瓦いぶし。。

ぐれた事抜かしていると、マジ、トタンにやっつけられちゃうぜぃ!!(笑)

トントン葺き

文化財の復旧工事に舞い戻っております。

こ~んな建物です・・↓

IMG_1078.JPG


IMG_1079.JPG


IMG_1066.JPG


IMG_1062.JPG

本来は、この建物の、耐震補強。。↓

IMG_1081.JPG

ついでに、屋根も。ってな感じの工事です。

前回、予告しました通り!腰葺き状態のケラバの付け直しと、

風切り丸の引き直しと、本谷入れ替え工事でーす。

IMG_1052.JPG

この瓦に葺き替えられちゃってから、文化財。。

これが、お洒落な屋根にとっては、ちょ~っと、残念。。

完全に、違っがんベー!!っと、心の中で、叫びつつ(笑)

こ~んなケラバの付け直しです。

ビフォー↓


IMG_1074.JPG


これを、こ~んな感じに、取り付けてはいますが??

アフター↓

IMG_1076.JPG

この瓦じゃ、これが限界。。(笑)

ま、んな事より、この下地。。。↓

IMG_1050.JPG

22キロのルーフィング。。にこの瓦。。。

お洒落な屋根にとっては、この前が見たい。。

めくってみましょう。。。じゃ~ん!!↓

IMG_1053.JPG

大正5年の、トントン発見!!↓

IMG_1054.JPG


IMG_1055.JPG


これが、お宝。本来の、文化財。。。

まだ、しっかりしてましたよ~ん!!

ここで、この下地に葺かれていた瓦。。想像しただけでも、

ワクワクするのは、私だけでしょうか??

散策していると、ありましたよー!なごりの瓦が・・・↓

IMG_1064.JPG

はい、便所棟と、わたり廊下の屋根に・・・

IMG_1065.JPG

この、深切りの切り落ち瓦。。

紐熨斗にて葺き替えらておりますが?この瓦は、当時の物。。

お宝のわからない、屋根屋さんが、面取り桟瓦で、差し替えちゃって

あるのも、ちょ~っと、残念なところ。。。

ま、このから、入札制度なるものが、発生して、残念な復元が、

多く、されちゃっていたのも、現実です。これが、日本瓦の、

本物の良さを、大きくマイナスにしている事。確実です。。

予算ありきの工事で、利益を出すだけじゃ、本物は語れない。。

かと言って、俺みたいな奴じゃ、生き残れない。。

んな、事は、分かってるんだ!!

来週からは、例の、俺の蔵。。舞い戻ります。

俺には、こっちの方が、むいているかも。。。??(笑)

ま、結果は、お天道様が見ているという事で…(爆)

平葺き完了!そして・・・

本日、予告通り!平葺き完了!いたしましたぁ!

そして、棟積み用の足場を組みまして・・・・、

やっぱ、いつも通り、夕刻の写真のみ・・・(笑)

ま、撮ってきた、写真公開します。

IMG_1046.JPG


IMG_1045.JPG

鬼瓦も、組み付けて、準備OK!

IMG_1047.JPG


IMG_1048.JPG


IMG_1049.JPG

さ~て、いよいよ棟積みに突入予定ですが??

一気にやっちゃいたいのは、やまやまなのですが??

明日からは、ちらり、某大学の復元工事に参上!致す予定です。

よって、この現場は、ちょっと、お待ち頂く事となりました。

平葺き完了!して、とりあえず、雨仕舞OK!

棟積みは、気合を入れ直しての参戦!になります。

ま、ここんとこの数日は、200年スパンでみれば、ちっぽけな事(笑)

棟は、いつもながらの、関東青海波。。で行きます。。

乞うご期待。。です。(笑)

平葺き中。。

ま、この、暑さの中。。ヘトヘト状態の、お洒落な屋根じじいです。(笑)

よって、仕事に夢中で、いつもながら、仕舞い際の写真しかありませんが??

公開いたします。

だって、ここんとこのアクセス数が、やたらと、多い、

お洒落な屋根・山田瓦店のブログです。

それだけ、興味のある仕事なんでしょうね♪

んな事は、どおでもいい。。いつもながらの仕事をするだけ。。

平葺き中。。。ま、見てよ、この雁足。。↓

IMG_1039.JPG

ん~!わかりにくい。。(ゴメン)


IMG_1044.JPG


IMG_1041.JPG

見てよ、この葺き足。。。↓

IMG_1042.JPG


IMG_1043.JPG

明日には、や~っとこさ、平葺き完了!予定です。

んで、いよいよ、棟積み準備に取り掛かります。

も、ちょっと、いつも、覗いて下さる皆様の為に、写真撮って来まーす。

夢中になると、それすら出来ない、現場職人の性。。

わかる人だけ、わかるお話。。。(笑)

頑張ってみます。(爆)