So-net無料ブログ作成

神様完成!

予告通り!本日氏神様完成!でーす。

じゃ~ん!!↓

IMG_2044.JPG


ここの、こ~んな箇所・・・↓



IMG_2045.JPG


IMG_2046.JPG

・そう、葺き止めの、おい止まり箇所も。。↓

IMG_2047.JPG

↑こ~んな感じに納めてみまちたぁ。。

残すは、大棟。。

IMG_2048.JPG

こ~んな感じに仕上がりましたぴょ~ん!!↓

IMG_2049.JPG


使用瓦は、淡路100枚判小瓦切り落ち中深。。。

軒瓦は、ベタ万十

風切り丸上屋2本下屋1本引き。

棟瓦は、紐熨斗目地積み、京の巻きの角に近づけるべく、

微妙な反りを、施してあります。

IMG_2050.JPG

紐ジョイントも、すべて桟芯合わせの、薬師寺納め。。

ま、こ~んな感じに、本日、足場まで撤去して、

無事完成!でーす。↓

IMG_2053.JPG


IMG_2054.JPG

いや~!それにしても、ちっちゃ。。。(笑)

この屋根、復元でもなければ、設計仕様もない。。

こ~んな時こそ、俺の俺流を出さなければ意味がない!

ま、良い子の皆さんは、良い所だけ、パクって、

すべて、パクらないように。。

うっかりすると、俺みたいに、損しちゃいますから・・・。(爆)

くれぐれも、自己責任で、お願い致します。


nice!(2)  コメント(2) 

神様続き

氏神様瓦工事。。

本日は、鬼立て式からです。じゃ~ん!!↓

IMG_2029.JPG

鬼瓦は、中身が神様なので、蛇の目京の巻き。。IMG_2030.JPG


IMG_2031.JPG

段下がりの葺き止めの1段目から積みまして、

IMG_2036.JPG

クシメンド(瓦メンド)固めまして、いよいよ、棟積みでーす。↓

IMG_2037.JPG


本日の作業は、ここまで。。でーす。↓

IMG_2038.JPG

人間の目って奴は、不思議なもので・・・・

このちっちゃい瓦ばかり見ていると、

母屋に葺いてある、通常いつも使っている、53判が??

IMG_2041.JPG

超巨大瓦に、見えてしまう錯覚。。(笑)

IMG_2043.JPG

マジで、巨大すぎて、53判が、葺けないような気がしてます(爆)

ま、冗談は、さておきまして、

完成!まで、葺き止めの2段目と、棟の2段と、冠瓦を残すのみ。

明日は、や~っとこさ、千秋楽を迎えられそうです。んじゃ。。


nice!(2)  コメント(0) 

神様進行中。

例の、氏神様上屋瓦工事。。

ま、順調に、手こずっております。(笑)

100枚判小瓦。にゃんとも、ちっちゃい

道具も、ちっちゃい瓦用の物を用意しなくっちゃね♪

でも、いつもの道具で、奮闘中(爆)↓


IMG_2017.JPG


IMG_2018.JPG


ご覧の通り、南蛮葺き。↓



IMG_2021.JPG

葺き足も、更にちっちゃく、自家製中深↓

IMG_2022.JPG

風切り丸引いて、↓

IMG_2023.JPG

拝み箇所の加工中。。

ここには、こ~んなのが付く予定でーす。↓

IMG_2024.JPG

日の暮れるのが、早くなりましたねぇ!

家に帰って、これまた、ちっちゃいクシメンドの、

内職中。。↓

IMG_2026.JPG

ちょっと、人工オーバー気味なのがネックですが?

乗りかかった船。

楽しく仕上げたいと思います。

そうそう、お隣さんの、氏神様、見て見る?

上手・下手は、いずれにしましても・・・・

じゃ~ん!!↓

IMG_2014.JPG


IMG_2015.JPG

一文字だよー!IMG_2016.JPG

気合いは感じる屋根ですよね♪

やっぱ、屋根は、気合で葺きましょう!!ね♪。。

nice!(2)  コメント(0) 

今日から、神様。

ま、先日から、瓦桟木打ち付けやら、瓦割り付けやら、

準備しておりました。氏神様の、上屋(うわや)瓦工事。。

本日、雨の上がった、午後から、本業。(瓦)おっ始めましたぁ!

IMG_2007.JPG


IMG_2008.JPG

今回、使用の瓦は、淡路100枚判小瓦でーす。。

IMG_2009.JPG

ん~!ちっちゃ。。

ちっちゃいので、通常の桟木では、やっぱ、無理が

生ずる事もあります。



IMG_2013.JPG

ご覧のように、微調整しながら、軒瓦。取り付けでーす。

お施主様のご要望は、是非山田流で・・・お願い致します。

だそうで、(笑)

いつもの、自分勝手な選択です。

今回の選択は、100枚判ベタ万十。。↓


IMG_2012.JPG

ま、俺の俺流。(笑)随時・公開しますね♪

さて?ど~んな屋根になるのでしょうか??

乞うご期待。。でーす。

nice!(2)  コメント(2) 

名義変更。

私の、本日の仕事は・・・とあるお宅の・・・こ~んな工事です。↓

IMG_2001.JPG

ここ・・・UPで↓

IMG_2002.JPG

とある事情ってのがありまして、家紋・名入れ巴の交換工事。。

でーす。。↓

IMG_2003.JPG

こ~んな家紋に変更です。

IMG_2004.JPG


IMG_2005.JPG


IMG_2006.JPG

名入れ巴も変更。。名義変更。。(笑)

メンテナンス含め、当社に、ご依頼でーす。

入母屋破風5か所。。名入れ巴5個。家紋総計25か所。。

全然、終わりませんでしたぁ。。(爆)

明日からも、引き続き、工事いたします。です。


nice!(2)  コメント(0) 

十分の一。

今日は、来年着工の、お寺さんの山門工事の

打ち合わせで、宮大工さんの、作業場にお邪魔いたしました。

私が、瓦葺き、担当者として、お寺さんに、お呼ばれされたのは、

今年のお正月のお話。。(長っ)

早や11ヶ月。。宮大工さんの、下準備も、着々と進んでいます。

IMG_2000.JPG


IMG_1984.JPG


こ~んな虹梁や、

IMG_1991.JPG

枡組を、粗削りしていましたぁ。↓

IMG_1986.JPG

これは、大斗。気持ち大き目に荒削りして、放置。。

微妙に、あばれるだけ、あばれさせて、最後に、キッチリ

組み込むのだそうです。

そ~んな作業と、平行して、10分の一の模型も、制作しています。

本来であるならば、撮影禁止!!なのですが?

ま、俺と言う事で、(笑)特別に許可を頂いての撮影・・・・

まだ、屋根部分の、蓑甲箇所、棟箇所は、完成されていましせんが?

後は、瓦屋ん家で、お願いします。。だって・・・

俺。出来ないよーー!![ふらふら](爆)

んな訳で、10分の一模型。。特別マル秘大公開。。

じゃ~ん!↓

IMG_1979.JPG


IMG_1989.JPG


IMG_1981.JPG


IMG_1995.JPG


IMG_1998.JPG


軒反りも・・↓

IMG_1999.JPG

こ~んな感じです。

瓦工事は、来年。桜の花が咲く頃になりそうです。

ぼちぼち、瓦も、準備に取り掛かろうと思いまーす。





nice!(2)  コメント(0) 

明日は雨の予報なので・・・

明日は、[雨]の予報なので、

瓦下地木工事を、超特急で、写真撮ってる間もなく、

やりまして、下葺きルーフィングまで、↓

IMG_1972.JPG


IMG_1973.JPG


IMG_1974.JPG


IMG_1976.JPG


IMG_1977.JPG

これで、ひとまず、雨仕舞。安心。。の段取り。。です。



nice!(3)  コメント(0) 

またまた江戸年間。。(笑)

昨日から、こ~んな屋根の、瓦葺き替え復元工事に

入っております。↓

IMG_1948.JPG

またまた、築江戸年間の屋根。。

このお宅は、単なる、延命治療ではなく、

瓦も、新しくしての、復元工事でーす。↓

IMG_1949.JPG


見てよ、この味。。↓


IMG_1950.JPG



IMG_1952.JPG

漆喰影盛り鬼瓦も、崩壊寸前。。

紐漆喰・ケラバ漆喰・青海波も、ちょっと、限界に・・・↓

IMG_1957.JPG


IMG_1960.JPG

そだ!漆喰影盛り鬼瓦の、影盛り部分の、構造をば・・・

公開しちゃいましょう。。↓

IMG_1965.JPG


IMG_1966.JPG

↑瓦かけと、漆喰で、手間暇かけて、膨らませていく構造

この盛りかたも、左官職の流派により異なります。

私が見たことがあるのは、影盛り部分に下地に、竹木舞を使ってある

やり方や、杉皮を用いた工法等があります。

IMG_1967.JPG

さて、屋根も、もちろん土葺き。。

IMG_1968.JPG


IMG_1971.JPG

かなりの量に、参ったぜぃ!!(笑)

本日からは、下地木工事に入っております。

大幅なる、微調整(笑)で、手こずっちゃてます。

それも、瓦工事の為。。

心地良い、疲労に、ビールがうまい!!

この屋根も、俺流に、180年前の屋根屋さんに、挑戦!します。

乞うご期待。。でーす。

nice!(2)  コメント(0) 

恐るべし土葺き。。

本日も、築、天保年間の、とあるお宅の修繕工事。。に

入っております。

仕事的には、移転までの後少しの延命治療。。

数々の、業者さんが、入っていたらしく、

あの手、この手が、施されていましたぁ!が???

結局ダメ!!

そもそも、根本がなってない!(笑)

今の、業界の、土葺きを悪者のようにしている事自体が、

間違い。。

IMG_1934.JPG

以前の業者さんが、鼻隠しを、打って下さったのは良いのですが??

軒瓦が、アッカンベー!!(笑)

これは、180年前の、屋根屋さんと、会話が出来てない

証拠。。

見てみ!この土の置き方・・↓

IMG_1935.JPG

野地板+杉皮+土+瓦って感じの図式ですが??

注目すべきは、この土の置き方。。

IMG_1936.JPG

土を、3層にも塗ってあり、その上から土葺き。。

IMG_1937.JPG


 


杉皮の下も、覗いて見ましょう。。↓

IMG_1939.JPG

180年前の、荒縄も、しっかりしてましたよ~ん!

野地板から、瓦までの距離。。↓

IMG_1942.JPG

こ~んな感じだべさ。。。

本日、小交じりのお天気でしたので、

途中の写真はありませんでしたが??

とりあえず、延命治療完了!です。↓

IMG_1944.JPG


IMG_1947.JPG

一概に、土葺きを悪者にしちゃ、ダメですよね♪

恐るべし土葺き。。

ま、これを、踏まえての、更なる進化。。も、必要ですがね。

ここんとこ重要です。。

nice!(0)  コメント(0) 

流石に、俺でも(笑)

本日、上屋の葺き替え・・・

オーソドックスに、半日で終わらせまして…↓

IMG_1918.JPG


IMG_1919.JPG

午後からは、こ~んな感じのお宅に参上!いたしましたぁ!↓

IMG_1921.JPG

築、天保年間。。場所は、中山道深谷宿の、とあるお宅。。

数々の業者さんが、あの手、この手で、延命治療施しています。が??

雨漏り進行中。。(笑)

んな訳で、名人お洒落な屋根先生登場!!ってな感じ。。

180年前の仕事・・・・↓

蔵造り。。波型母屋漆喰・ケラバ漆喰・・↓IMG_1922.JPG

垂木も・戸袋も・・・↓IMG_1923.JPG


IMG_1924.JPG


IMG_1926.JPG

黒漆喰仕上げ。。

これは、お城の施工と、同じ、お宝仕上げです。

さて、屋根ですが??↓

IMG_1928.JPG

横幅9寸2分の切り落ち中櫓(ちゅうやぐら)

これも、いい味出してます。ね♪

でも??応急修理が??頂けない。。

苦肉の策だったのは理解出来ないでもありませんが??↓

IMG_1929.JPG


おそらく、青海波だったのを、板金で、修理。。

この間に、水が入り、肉離れしちゃった、って感じの屋根でちた。

これじゃ、いくら、俺でも、ちょいと無理っぽい。。。ですが??

お施主様のおばあちゃんは、葺き替えも、考えてはいるのですが?

何やら、区画整理で、移転が決定して、早、数年。。。

とりあえず、後少し、雨漏りしなければ、良いらしい。。

ま、事情が事情なので、

にゃんとか、延命治療で、雨漏り、止めようと、思います。

だって、見ちゃったから・・・・(笑)

このお隣さんの、造り酒屋さんも…↓

IMG_1930.JPG

部分的に、延命治療中。。(笑)

中山道深谷宿。。俺にとっての、教科書です。↓

IMG_1931.JPG


IMG_1932.JPG


IMG_1933.JPG

意地を張る職人もいないのにはちょっと、ガッカリ。。

それもそのはず、意地を張ると、損をする時代。。

皆様是非お気を付け下さいませ!!(爆)

nice!(2)  コメント(0)